(1)前年度天皇賞(秋)・本年度天皇賞(春)、1・2・3着馬が全て未出走年の流れ。




第96回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1987.11. 1 曇 重  14頭

1着 3枠 04番 ニッポーテイオー  牡4 58 郷原 洋行  久保田金造  1人
2着 4枠 06番 レジェンドテイオー 牡4 58 蛯沢 誠治  田村 駿仁  6人
3着 1枠 01番 アサカツービート  牡6 58 安田 富男  元石 正雄 13人

8着 7枠 12番 ダイナアクトレス  牝4 56 岡部 幸雄  矢野 進   2人





第126回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2000メートル
2002.10.27 晴 良  18頭

1着 4枠 08番 シンボリクリスエス 牡3 56 岡部 幸雄  藤沢 和雄  3人
2着 1枠 01番 ナリタトップロード 牡6 58 四位 洋文  沖  芳夫  2人
3着 8枠 17番 サンライズペガサス 牡4 58 柴田 善臣  石坂 正   4人

13着5枠10番 テイエムオーシャン 牝4 56 本田 優   西浦 勝一  1人






☆表裏11番目が1着。









(2)13頭立ての天皇賞(秋)の流れ。

※データーは1984年以降です。





第98回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1988.10.30 晴 良  13頭

1着 6枠 09番 タマモクロス    牡4 58 南井 克巳  小原伊佐美  2人
2着 1枠 01番 オグリキャップ   牡3 56 河内 洋   瀬戸口 勉  1人
3着 8枠 12番 レジェンドテイオー 牡5 58 郷原 洋行  田村 駿仁  9人

4着 4枠 05番 ダイナアクトレス  牝5 56 岡部 幸雄  矢野 進   3人





第110回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1994.10.30 曇 良  13頭

1着 7枠 10番 ネーハイシーザー  牡4 58 塩村 克己  布施 正   3人
2着 1枠 01番 セキテイリュウオー 牡5 58 田中 勝春  藤原 敏文  8人
3着 4枠 04番 ロイスアンドロイス 牡4 58 横山 典弘  松山 康久 11人

5着 2枠 02番 ビワハヤヒデ    牡4 58 岡部 幸雄  浜田 光正  1人
8着 6枠 09番 ウイニングチケット 牡4 58 武  豊   伊藤 雄二  2人





第124回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2001.10.28 雨 重  13頭

1着 7枠 10番 アグネスデジタル  牡4 58 四位 洋文  白井 寿昭  4人
2着 5枠 06番 テイエムオペラオー 牡5 58 和田 竜二  岩元 市三  1人
3着 2枠 02番 メイショウドトウ  牡5 58 安田 康彦  安田伊佐夫  2人

7着 4枠 04番 ステイゴールド   牡7 58 武  豊   池江 泰郎  3人







☆前走重賞1着馬が1着。

☆1番人気馬は2着以下。










最終見解)



今回の天皇賞(秋)、

出走しているメンバーを見ていくと、





(1)毎日王冠の1着・2着馬が未出走。

(2)京都大賞典1着・2着・3着馬が未出走。

(3)当年天皇賞(春)1着・2着・3着馬が未出走。

(4)当年安田記念1着・2着馬が未出走。

(4)前年度天皇賞(秋)1着・2着・3着馬が未出走。





一見豪華そうに見えるが、

よく見ればあれもこれもいないメンバー構成。




ただ、考察をしていくとあちらを立てればこちらが立たずで、

頭数の割には絞りにくいメンバー。



今回は出してないデーターで、

9日目開催G1レースを見てみると、

2016年の天皇賞(秋)から1番人気馬が6連勝中。



ただし、今日のデーターを見る限り2着以下の

可能性も十分。


その辺を考えながらの見解。



考察を見る限り、

上位人気馬が1着をすると見る。


その中で札幌記念1着馬サングレーザーについては、

過去の札幌記念1着馬が天皇賞(秋)を勝った時は、

前年度天皇賞(秋)1着馬がいた時。


今回は前年度天皇賞(秋)1着馬がいないので、

1着鵜からはオミットとします。





次にオールカマー1着馬のレイデオロ。


1937年帝室御賞典で第1回天皇賞(秋)が始まって以来、

当年オールカマー1着馬、

当年天皇賞(秋)を1着馬をした事は無い。



今年になっていきなり変わるとも思えないので、

レイデオロも1着馬からはオミット。



そうなると残ってくるのは下記の3頭(人気順)、

スワーヴリチャード・マカヒキ・アルアイン。


この3頭のどれかが1着をすると見ます。




この3頭で順番をつけると、





昨日のスワンステークスが4年連続2番人気馬が1着。


天皇賞(秋)も、昨年まで3年連続1番人気馬が1着。



同じ流れが来ると見て、






◎(05)スワーヴリチャード







これをひっくり返すなら考察から、

5番人気馬・池江厩舎の、





○(07)アルアイン






今年が平成最後の天皇賞(秋)。


平成の始まりは武豊騎乗スーパークリーク。


ならば最後は武豊である事も十分で、




▲(06)マカヒキ






以下2着・3着候補として、


 

☆(04)レイデオロ

△(09)サングレーザー

×(12)サクラアンプルール


















参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーリンク