FC2ブログ

せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

月別アーカイブ:2017年12月

ホープフルS最終見解

以外にもと言っては失礼だが、一番人気馬は(07)タイムフライヤー。

考察1の2項目に該当し、考察2からも連軸に最適と見て◎。


(07)タイムフライヤー



◎が2着・3着に負ける場合は、2歳G1レースの流れから連勝馬と見る。

連勝馬でよく見えるのは、17頭立てでど真ん中にあたり、

今回唯一の中山競馬場の2000m(芝)の勝ち馬である(09)に○。



○(09)サンリヴァル





唯一の重賞勝ち馬である(15)に▲。



▲(15)ジャンダルム




2000m連勝が良く見える(12)に☆。



☆(12)ジュンヴァルロ




後は2着・3着候補として考察から、


△(11)フラットレー

×(02)トーセンクリーガー











ホープフルステークス考察 2

◎本年度9日目11レースの流れ



関東のレース

2017年5月20日(土) 2回東京9日
11R メイステークス サラ系4歳以上 1800m 芝・左
(混合)[指定] オープン ハンデ  11頭

1着 1枠 01番 タイセイサミット  牡4 54.0 北村 宏司  矢作 芳人  3人気
2着 7枠 09番 アストラエンブレム 牡4 56.5 Mデムーロ  小島 茂之  1人気
3着 8枠 10番 クラリティスカイ  牡5 57.5 田辺 裕信  斎藤 誠   5人気


2017年8月26日(土) 2回新潟9日
11R BSN賞 サラ系3歳以上 1800m ダート・左
(国際)(特指) オープン ハンデ  15頭

1着 1枠 01番 トップディーヴォ  牡5 55.0 横山 典弘  昆  貢   6人気
2着 7枠 13番 マスクゾロ     牡6 57.0 中谷 雄太  岡田 稲男  1人気
3着 3枠 05番 アルタイル     牡5 56.0 田中 勝春  手塚 貴久  4人気


2017年10月1日(日) 4回中山9日
11R 第51回 スプリンターズステークス(GI)
サラ系3歳以上 1200m 芝・右 外
(国際)(指定) オープン 定量  16頭

1着 4枠 08番 レッドファルクス   牡6 57.0  Mデムーロ  尾関 知人  1人気
2着 1枠 02番 レッツゴードンキ   牝5 55.0  岩田 康誠  梅田 智之  5人気
3着 3枠 06番 ワンスインナムーン  牝4 55.0  石橋 脩   斎藤 誠   7人気




第156回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2017.10.29 雨 不良 18頭

1着 4枠 07番 キタサンブラック   牡5 58.0  武  豊    清水 久詞   1人気
2着 1枠 02番 サトノクラウン    牡5 58.0  Mデムーロ   堀  宣行   2人気
3着 4枠 08番 レインボーライン   牡4 58.0  岩田 康誠   浅見 秀一  13人気








関西のレース

2017年5月20日(土) 3回京都9日
11R 第24回 平安ステークス(GIII) サラ系4歳以上 1900m ダート・右
(国際)(指定) オープン 別定 16頭

1着 5枠 09番 グレイトパール     牡4 56.0 川田 将雅  中内田充正    1人気
2着 2枠 04番 クリソライト      牡7 58.0 武  豊   音無 秀孝    6人気
3着 1枠 01番 マイネルバイカ     牡8 56.0 岩田 康誠  西村 真幸    15人気



2017年8月26日(土) 2回小倉9日
11R 釜山ステークス サラ系3歳以上 1700m ダート・右
(混合)[指定] 3歳以上1600万円以下 ハンデ 16頭

1枠 2枠 04番 ナムラアラシ      牡4 57.0 幸  英明  目野 哲       4人気
2枠 4枠 08番 クリノリーソクツモ   牝5 52.0 川須 栄彦  作田 誠二    10人気
3枠 7枠 14番 クールオープニング   牡6 54.0 北村 友一  橋口 慎介    16人気



2017年10月1日(日) 4回阪神9日
11R ポートアイランドステークス
サラ系3歳以上 1600m 芝・右 外
(国際)(特指) オープン 別定 13頭

1着 8枠 12番 ムーンクレスト     牡5 56.0 藤岡 佑介  本田 優     9人気
2着 6枠 08番 マイネルハニー     牡4 56.0 国分 恭介  栗田 博憲    3人気
3着 8枠 13番 キョウヘイ       牡3 54.0 高倉 稜   宮本 博     8人気





2017年10月29日(日曜) 4回京都9日
11R カシオペアステークス
サラ系3歳以上 1800m 芝・右 外
(国際)(特指) オープン 
雨 不良 13頭→12頭(取消)

1着 8枠 13番 アメリカズカップ    牡5 55.0 松山 弘平  音無 秀孝     5人気
2着 6枠 04番 グァンチャーレ     牡4 56.0 古川 吉洋  北出 成人    2人気
3着 8枠 01番 メドウラーク      牡3 54.0 北村 友一  橋田 満     9人気
















考 察)


※今年の9日目の流れを見ると、

関東の第11レース → 枠連1枠が2着以内、1番人気馬3着以内、 横山典弘の3つ横が2着以内

関西の第11レース → 表裏13番が3着以内

で決着。



ホープフルステークス考察 1

◎G1に昇格したレース、G1初年度の流れ。




第24回 スプリンターズステークス (GⅠ)■
中山競馬場 芝1200メートル
1990.12.16 晴 良  16頭

1着 1枠 01番 バンブーメモリー   牡5 57  武  豊   武  邦彦   1人
2着 4枠 06番 ルイテイト      牡5 57  柴田 善臣  増本 豊    5人
3着 7枠 11番 リンドホシ      牡5 57  加藤 和宏  佐藤林次郎   7人




第26回 高松宮杯 (GⅠ)■
中京競馬場 芝1200メートル
1996. 5.19 晴 良  13頭

1着 7枠 10番 フラワーパーク    牝4 55  田原 成貴  松元 省一   3人
2着 8枠 13番 ビコーペガサス    牡5 57  横山 典弘  柳田 次男   4人
3着 5枠 07番 ヒシアケボノ     牡4 57  角田 晃一  佐山 優    1人




第14回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
1997. 2.16 晴 不良 16頭

1着 4枠 08番 シンコウウインディ  牡4 56  岡部 幸雄  田中 清隆   6人
2着 6枠 11番 ストーンステッパー  牡4 56  熊沢 重文  目野 哲也   1人
3着 4枠 07番 バトルライン     牡4 56  横山 典弘  松田 博資   2人




第61回 大阪杯 (GⅠ)■
阪神競馬場 芝2000メートル
2017. 4. 2 晴 良  14頭

1着 4枠 05番 キタサンブラック   牡5 57  武  豊   清水 久詞   1人
2着 3枠 04番 ステファノス     牡6 57  川田 将雅  藤原 英昭   7人
3着 8枠 13番 ヤマカツエース    牡5 57  池添 謙一  池添 兼雄   4人







※1番人気馬が3着以内。

※表裏75番目が2着以内。










考 察)

今年がG1レースとして初めて開催されるホープフルステークス。

グレード制導入後、ホープフルステークスのようにG2からG1に昇格したレースは上記の4レース。

この4レースの開催初年度を見ていくと、勝ち馬は下記の2タイプに分かれている。



・1番人気馬

・開催レースのトライアルにあたるレースを勝って出走している。




1番人気馬については、今の時点では分からないので(多分ジャンダルムだと思いますが)馬名は割愛します。


次に、開催レースのトライアルにあたるレースを勝って出走している馬については、2歳戦は中央馬に優先出走権が

出るレースが無いのでどう考えるか迷いますが、とりあえず重賞勝ち馬が1頭しかいないので勝ち馬をこの考察から

推奨します。



(15)ジャンダルム




相手は、表裏75番目にあたる2頭とします。



(07)タイムフライアー

(11)フラットレー



有馬記念 最終見解

今年は何故か第11レースで開催される第62回有馬記念。

調べてみた所、過去は1958・1959年(第3回・第4回)の2回のみ。

売り上げ至上主義としても、60年ぶりに11Rで開催する以上は当然何かはあるとみる。


また、昨日行われた中山大障害。

こちらはグレード制が導入されて以降、2回目のゾロ目決着。

当然今日の流れを見る上では重要と見ている。



その重要な中山大障害がゾロ目決着したのは2000年。

今回と同じ枠連4-4の決着あった。

それもテイエムオペラオー以来の重賞8連勝で・・・。




2000年の有馬記念、



・3歳G1馬未出走

・天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップ1着馬出走



私が今年の有馬記念で重要と思っている部分と重なっており、

今年は2000年有馬記念の再現と見る。




1着馬については、

2000年はテイエムオペラオーが天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップを完全制覇。

今年は、5歳馬が天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップを制覇している以上、

5歳馬(天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップの1着馬)が1着と見る。



3頭でどれが良いかと考えた場合、11Rで行われた有馬記念は2回とも1枠が2着であったので、

2着は外さない連軸として



◎(02)キタサンブラック






考察より4番人気が1着の可能性も高いので、




○(12)サトノクラウン






考察で書いたように、サクラアンプルールの同枠馬がG1レースで2回とも1着なので、





▲(10)シュヴァルグラン








考察・流れから2番人気であり非G1馬であるスワーヴリチャードは2着の可能性が高いとみて、



☆(14)スワーヴリチャード





考察より穴をあけるなるこの馬と見て、



△(09)サクラアンプルール






考察より3着候補として、



×(11)ルージュバック





























有馬記念考察 5

◎ジャパンカップがゾロ目決着した年、有馬記念の流れ。

第34回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1989.12.24 雨 良  16頭

1着 8枠 15番 イナリワン      牡5 56  柴田 政人    鈴木 清    4人
2着 3枠 04番 スーパークリーク   牡4 57  武  豊     伊藤 修司   2人
3着 7枠 12番 サクラホクトオー   牡3 55  小島 太     境 勝太郎   3人

未出走    ホーリックス                           → ジャパンカップ1着馬          
5着 1枠 01番 オグリキャップ    牡4 57  南井 克巳    瀬戸口 勉   1人 → ジャパンカップ2着馬



第38回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1993.12.26 晴 良  14頭

1着 3枠 04番 トウカイテイオー   牡5 56  田原 成貴    松元 省一   4人
2着 8枠 13番 ビワハヤヒデ     牡3 55  岡部 幸雄    浜田 光正   1人
3着 7枠 12番 ナイスネイチャ    牡5 56  松永 昌博    松永 善晴  10人

5着 6枠 09番 レガシーワールド   騙4 57  河内 洋     森  秀行   2人 → ジャパンカップ1着馬
未出走    コタシャーン                             → ジャパンカップ2着馬
11着7枠11番 ウイニングチケット  牡3 55  柴田 政人    伊藤 雄二   3人 → ジャパンカップ3着馬



第49回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2004.12.26 晴 良  15頭

1着 1枠 01番 ゼンノロブロイ    牡4 57  Oペリエ     藤沢 和雄   1人 → ジャパンカップ1着馬
2着 5枠 09番 タップダンスシチー  牡7 57  佐藤 哲三    佐々木晶三   3人
3着 4枠 06番 シルクフェイマス   牡5 57  四位 洋文    鮫島 一歩   9人

11着3枠04番 コスモバルク     牡3 55  五十嵐冬樹    田部 和則   2人 → ジャパンカップ2着馬




第51回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2006.12.24 晴 良  14頭

1着 3枠 04番 ディープインパクト  牡4 57  武  豊     池江 泰郎   1人 → ジャパンカップ1着馬
2着 1枠 01番 ポップロック     牡5 57  Oペリエ     角居 勝彦   6人
3着 4枠 05番 ダイワメジャー    牡5 57  安藤 勝己    上原 博之   3人

4着 3枠 03番 ドリームパスポート  牡3 55  内田 博幸    松田 博資   2人 → ジャパンカップ2着馬




第57回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2012.12.23 晴 良  16頭

1着 7枠 13番 ゴールドシップ    牡3 55  内田 博幸    須貝 尚介   1人
2着 3枠 06番 オーシャンブルー   牡4 57  C.ルメール    池江 泰寿  10人
3着 5枠 09番 ルーラーシップ    牡5 57  C.ウィリアムズ  角居 勝彦   2人

未出走    ジェンティルドンナ                          → ジャパンカップ1着馬  
未出走    オルフェーヴル                            → ジャパンカップ2着馬







※G1馬が1着。









考 察)

ジャパンカップが純粋ゾロ目で決着したのは上記の5回。

この5回を見てみると、1番人気馬(3回)か4番人気馬(2回)が1着している事は興味深い。

今回も1番人気馬と4番人気馬には、注目が必要そうである。



次に、出走馬の構成から考えていきます。

ジャパンカップ純粋ゾロ目決着後、ジャパンカップ1着~3着馬のうち1着・3着馬のみが出走したのは1993年のみ。

1993年を見ていくと、勝ち馬はトウカイテイオー。

この馬をコピーできそうな馬は、


・素直に4番人気の馬

・前年度ジャパンカップ1着馬(キタサンブラック)


この2頭ではないかと見ていますので、今回の考察からはこの2頭を1着候補とします。




第62回有馬記念 枠順決定

第62回有馬記念




1枠01番 ヤマカツエース   (池添 謙一)

1枠02番 キタサンブラック  (武  豊)



2枠03番 クイーンズリング  (C・ルメール)

2枠04番 ブレスジャーニー  (三浦 皇成)



3枠05番 トーセンビクトリー (田辺 裕信)

3枠06番 サトノクロニクル  (戸崎 圭太)



4枠07番 シャケトラ     (福永 祐一)

4枠08番 レインボーライン  (岩田 康誠)



5枠09番 サクラアンプルール (蛯名 正義)

5枠10番 シュヴァルグラン  (H・ボウマン)



6枠11番 ルージュバック   (北村 宏司)

6枠12番 サトノクラウン   (R・ムーア)



7枠13番 ミッキークイーン  (浜中 俊)

7枠14番 スワーヴリチャード (M・デムーロ)



8枠15番 カレンミロティック (川田 将雅)

8枠16番 サウンズオブアース (C・デムーロ)





有馬記念考察 4

◎当年天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップ、
 勝ち馬が揃って出走した有馬記念の流れ。


※データーは、グレード制が導入された1984年以降です。




第44回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1999.12.26 晴 良  15頭→14頭(発走除外)

1着 4枠 07番 グラスワンダー    牡4 57  的場 均   尾 形 充弘   1人
2着 2枠 03番 スペシャルウィーク  牡4 57  武  豊   白 井 寿昭   2人 → 天皇賞春秋連覇
3着 6枠 11番 テイエムオペラオー  牡3 55  和田 竜二  岩 元 市三   5人




第45回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2000.12.24 晴 良  16頭

1着 4枠 07番 テイエムオペラオー  牡4 57  和田 竜二  岩元 市 三   1人 → 天皇賞春秋連覇
2着 7枠 13番 メイショウドトウ   牡4 57  安田 康彦  安田 伊佐夫   2人
3着 6枠 12番 ダイワテキサス    牡7 56  蛯名 正義  増沢 末 夫  13人




第51回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2006.12.24 晴 良  14頭

1着 3枠 04番 ディープインパクト  牡4 57  武  豊   池 江 泰郎   1人
2着 1枠 01番 ポップロック     牡5 57  Oペリエ   角 居 勝彦   6人
3着 4枠 05番 ダイワメジャー    牡5 57  安藤 勝己  上 原 博之   3人




第56回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2011.12.25 晴 良  14頭→13頭

1着 6枠 09番 オルフェーヴル    牡3 55  池添 謙一  池 江 泰寿   1人
2着 4枠 05番 エイシンフラッシュ  牡4 57  C.ルメール  藤 原 英昭   7人
3着 5枠 07番 トゥザグローリー   牡4 57  福永 祐一  池 江 泰寿   9人






※1番人気馬が1着。

※4枠が3着以内。






考 察)

当年天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップの1着馬、

揃って出走した年は過去に4回あり、1番人気馬が4戦4勝。


今回考察から1着候補は問答無用で、



キタサンブラック








次に2着馬を見ていきます。


過去4回は下記の2パターン。


・2番人気馬(2回)

・外国人騎手(2回)



これだけでは心もとないので、戦歴からも見ていきます。


2着馬4頭に共通するのは、


・当年G1レースで連対歴がある。




上記の項目だけで候補は3頭のみ。

・サトノクラウン
・シュヴァルグラン
・スワーヴリチャード




この3頭は、3頭とも外国人騎手が騎乗予定。

3頭とも人気馬で面白みは全く感じないが、切る要素もないので2着候補とします。







最後に3着馬を見ていきます。

4頭に共通するのは以下の3項目が揃っていいた馬。



・本年度G2以上のレースを1着している。

・中山競馬場開催G2以上のレースを1着しているか、中山競馬場開催G1レースで3着以内がある。

・秋季番組出走レースで、1着馬から全て0.9秒以内(着順は関係なし)である。




4項目に該当する馬は1頭。


・ルージュバック



この馬をこの考察からの3着候補とします。




有馬記念考察 3

◎当年3歳G1馬が1頭も出走していない有馬記念の流れ。

※データーは、グレード制が導入された1984年以降です。




第36回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1991.12.22 晴 良  15頭

1着 5枠 08番 ダイユウサク     牡6 56  熊沢 重文  内藤 繁春  14人
2着 1枠 01番 メジロマックイーン  牡4 57  武  豊   池江 泰郎   1人
3着 3枠 05番 ナイスネイチャ    牡3 55  松永 昌博  松永 善晴   2人




第45回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2000.12.24 晴 良  16頭

1着 4枠 07番 テイエムオペラオー  牡4 57  和田 竜二  岩元 市 三   1人 → 春秋連覇
2着 7枠 13番 メイショウドトウ   牡4 57  安田 康彦  安田 伊佐夫   2人
3着 6枠 12番 ダイワテキサス    牡7 56  蛯名 正義  増沢 末 夫  13人




第53回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2008.12.28 晴 良  14頭

1着 8枠 13番 ダイワスカーレット  牝4 55  安藤 勝己  松田 国英   1人
2着 8枠 14番 アドマイヤモナーク  牡7 57  川田 将雅  松田 博資  14人
3着 4枠 06番 エアシェイディ    牡7 57  後藤 浩輝  伊藤 正徳  10人




第58回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2013.12.22 晴 良  16頭

1着 3枠 06番 オルフェーヴル    牡5 57  池添 謙一  池江 泰寿   1人
2着 2枠 04番 ウインバリアシオン  牡5 57  岩田 康誠  松永 昌博   4人
3着 7枠 14番 ゴールドシップ    牡4 57  R.ムーア   須貝 尚介   2人







※1番人気馬が2着以内。

※表裏196番目が2着。

※G1馬と非G1馬で決着している。











考 察)

当年3歳G1馬が1頭も出走していない有馬記念は上記のように4回あり、

1番人気馬が3勝・2着1回と100%の連対を誇っている。

そうなると今回考察からの一押しは、当然ではあるが1番人気が確実であるキタサンブラック


1番人気馬の相手は、2・4番人気が各1回、14番人気が2回と両極端の傾向が出ている。

2・4番人気馬が2着の時は、1番人気馬と同年齢であり、他のG1レースで1着(有馬記念1番人気馬)→2着

した実績のある馬。



今回の対象は下記の2頭。


・シュヴァルグラン(天皇賞春)

・サトノクラウン(天皇賞秋)




ただし、今回対象になった2頭は過去の2頭とは違いすでにG1馬である事からすると、

この組み合わせの可能性は低いかもしれない。



となると、今回期待したいのは14番人気馬。

過去の2頭を見ていくと、非G1馬で当年重賞勝ちがあり、

下級条件戦(500万下→1000万下→1600万下)を勝ち上がってきている馬。


今回の対象は下記の2頭。



・サクラアンプルール

・トーセンビクトリー




穴をあけるならこの2頭と見て期待してみたい。


有馬記念考察 2

◎天皇賞、同一年で春秋連覇した馬が出た年、有馬記念の流れ。

第098回 1988.10.30 東京 T2000 晴 良  13頭 タマモクロス     1.58.8  牡4  58  2人 南井 克巳 小原 伊佐美
第120回 1999.10.31 東京 T2000 晴 良  17頭 スペシャルウィーク  1.58.0  牡4  58  4人 武  豊  白井 寿昭
第122回 2000.10.29 東京 T2000 曇 重  16頭 テイエムオペラオー  1.59.9  牡4  58  1人 和田 竜二 岩元 市三
第136回 2007.10.28 東京 T2000 晴 稍重 16頭 メイショウサムソン  1.58.4  牡4  58  1人 武  豊  高橋 成忠




第33回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1988.12.25 晴 良  13頭

1着 6枠 10番 オグリキャップ    牡3 55  岡部 幸雄  瀬戸口 勉    2人
2着 7枠 11番 タマモクロス     牡4 57  南井 克巳  小 原 伊佐美  1人 → 春秋連覇
3着 3枠 05番 サッカーボーイ    牡3 55  河内 洋   小 野 幸治   3人




第44回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1999.12.26 晴 良  15頭→14頭(発走除外)

1着 4枠 07番 グラスワンダー    牡4 57  的場 均   尾 形 充弘   1人
2着 2枠 03番 スペシャルウィーク  牡4 57  武  豊   白 井 寿昭   2人 → 春秋連覇
3着 6枠 11番 テイエムオペラオー  牡3 55  和田 竜二  岩 元 市三   5人




第45回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2000.12.24 晴 良  16頭

1着 4枠 07番 テイエムオペラオー  牡4 57  和田 竜二  岩元 市 三   1人 → 春秋連覇
2着 7枠 13番 メイショウドトウ   牡4 57  安田 康彦  安田 伊佐夫   2人
3着 6枠 12番 ダイワテキサス    牡7 56  蛯名 正義  増沢 末 夫  13人




第52回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2007.12.23 晴 稍重 16頭→15頭(取消)

1着 2枠 03番 マツリダゴッホ    牡4 57  蛯名 正義  国 枝 栄     9人
2着 4枠 07番 ダイワスカーレット  牝3 53  安藤 勝己  松 田 国英    5人
3着 2枠 04番 ダイワメジャー    牡6 57  Mデムーロ  上 原 博之    6人

8着 1枠 01番 メイショウサムソン  牡4 57  武  豊   高 橋 成忠    1人 → 春秋連覇






考 察)

天皇賞を同一年で春秋連覇したことは過去4回あり、4頭全て有馬記念に出走していて、

1勝、2着2回、8着1回となっている。


もう少し細かく見ていくと、天皇賞を春秋連覇した馬が有馬記念で連対した時はすべて1番人気⇔2番人気で決着している。

それも同一年の他のG1レースで、1番人気⇔2番人気で決まった事がある馬同士の組み合わせで。


そこから考えると、今年キタサンブラックと他のG1レースで手をつないだ事あり今回出走する予定の馬は、

シュヴァルグラン(天皇賞春)とサトノクラウン(天皇賞秋)だが、シュヴァルグランは天皇賞(春)が4番人気であったし、

サトノクラウンは今回の有馬記念で2番人気にはなりそうにもないので、1番人気⇔2番人気で決着しない可能性が

強いと思う。


そうなるとキタサンブラックの連対にも疑問符がつくので、天皇賞春秋連覇馬が唯一連対できなかった2007年を

見ていきます。


他の3頭と比べ、メイショウサムソンだけジャパンカップで連対を外して3着になっています。

ここが有馬記念で馬券にならなかった原因と考えれば、今年のキタサンブラックにも当てはまります。

ましてジョッキーが2頭とも何故か武豊。

今年はここを再現する可能性が高いと見ます。


ただし、事例は1回の上に出走取り消し戦。

全く見当違いの可能性もありますが、それを言っても始まらないので1着馬であったマツリダゴッホを見ていきます。

この馬が有馬記念を勝つまでの看板は、AJCC1着とオールカマー1着(両方とも2007年)。

ここを頼るなら、AJCC1着の蛯名騎手(馬は出走していない)かオールカマー1着のルージュバック。

どちらが良いかと言えば、マツリダゴッホが条件戦から勝ち上がってきている馬なので、

蛯名騎手が騎乗するサクラアンプルールの方がよく見える。


この馬、今年2回G1レース(大阪杯・天皇賞秋)に出走していて、何故か2回ともキタサンブラックの同枠(2回とも1着枠)。


今回もキタサンブラックと組んでこちらが来たら面白いんだけど・・・。


有馬記念考察 1

◎天皇賞(春)を連覇した馬が出た年、有馬記念の流れ

第37回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
1992.12.27 晴 良  16頭

1着 2枠 03番 メジロパーマー    牡5 56  山 田 泰誠  大久保 正陽  15人
2着 3枠 06番 レガシーワールド   騙3 55  小谷内 秀夫  戸 山 為夫   5人
3着 1枠 01番 ナイスネイチャ    牡4 57  松 永 昌博  松 永 善晴   4人

11着3枠05番 トウカイテイオー   牡4 57  田 原 成貴  松 元 省一   1人

未出走    メジロマックイーン ← 天皇賞(春)連覇




第46回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2001.12.23 晴 良  13頭

1着 4枠 04番 マンハッタンカフェ  牡3 55  蛯 名 正義  小 島 太    3人
2着 1枠 01番 アメリカンボス    牡6 57  江 田 照男  田 子 冬樹  13人
3着 2枠 02番 トゥザヴィクトリー  牝5 55  武   豊   池 江 泰郎   6人

5着 8枠 12番 テイエムオペラオー  牡5 57  和 田 竜二  岩 元 市三   1人





第59回 有馬記念(グランプリ) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2500メートル
2014.12.28 晴 良  16頭

1着 2枠 04番 ジェンティルドンナ  牝5 55  戸 崎 圭太  石 坂 正    4人
2着 3枠 06番 トゥザワールド    牡3 55  Wビュイック  池 江 泰寿   9人
3着 7枠 14番 ゴールドシップ    牡5 57  岩 田 康誠  須 貝 尚介   1人

10着5枠10番 フェノーメノ     牡5 57  田 辺 裕信  戸 田 博文    6人 ←天皇賞(春)連覇






考 察)

天皇賞(春)を連覇した年は上記の3回あり、有馬記念は3回とも馬連が万馬券で決着している。

1番人気馬は3着以下、2番人気は4着以下で馬券にすらなっていない。

同じ事が起こると考えれば、キタサンブラックやシュヴァルグランを連軸にすることは出来ない。

そんな中で過去あった3回を見ていくと、1着馬は全て当年G1勝ちのある馬。

そうなると対象は1頭しかいないので今回の考察からの一押しは、


◎サトノクラウン 





2着候補については、過去3回とも3歳馬が2着以内に来ているので、


・サトノクロニクル
・スワーヴリチャード
・ブレスジャーニー




上記4頭を、今回の考察からの有力馬とします。


スポンサーリンク