せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

月別アーカイブ:2018年01月

きさらぎ賞考察

◎2017年以降、関西圏2歳・3歳限定戦重賞の流れ(牝馬限定戦を除く)。



第37回 小倉2歳ステークス (GⅢ)■
小倉競馬場 芝1200メートル
2017. 9. 3 晴 良  18頭

1着 8枠 17番 アサクサゲンキ   牡2 54 武  豊   音無 秀孝  3人
2着 7枠 14番 アイアンクロー   牡2 54 浜中 俊   斉藤 崇史  5人
3着 5枠 10番 バーニングペスカ  牡2 54 川須 栄彦  松永 昌博  7人




第52回 デイリー杯2歳ステークス (GⅡ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2017.11.11 晴 良  9頭

1着 3枠 03番 ジャンダルム    牡2 55 Aアッゼニ  池江 泰寿  5人
2着 8枠 08番 カツジ       牡2 55 松山 弘平  池添 兼雄  4人
3着 5枠 05番 ケイアイノーテック 牡2 55 川田 将雅  平田 修   3人




第4回 京都2歳ステークス (GⅢ)■
京都競馬場 芝2000メートル
2017.11.25 晴 良  9頭

1着 6枠 06番 グレイル      牡2 55 武  豊   野中 賢二  2人
2着 2枠 02番 タイムフライヤー  牡2 55 Cデムーロ  松田 国英  1人
3着 1枠 01番 ケイティクレバー  牡2 55 小林 徹弥  目野 哲也  5人




第69回 朝日杯フューチュリティステークス (GⅠ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
2017.12.17 晴 良  16頭

1着 1枠 01番 ダノンプレミアム  牡2 55 川田 将雅  中内田充正  1人
2着 5枠 10番 ステルヴィオ    牡2 55 Cデムーロ  木村 哲也  3人
3着 2枠 03番 タワーオブロンドン 牡2 55 Cルメール  藤沢 和雄  2人




第52回 シンザン記念 (GⅢ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2018. 1. 8 雨 稍重 11頭

1着 3枠 03番 アーモンドアイ   牝3 54 戸崎 圭太  国枝 栄   1人
2着 6枠 07番 ツヅミモン     牝3 54 秋山真一郎  藤岡 健一  7人
3着 8枠 11番 カシアス      牡3 57 浜中 俊   清水 久詞  4人









考 察)


2017年夏季番組以降、関西圏で行われた2歳・3歳の重賞(牝馬限定戦を除く)は上記5レース。

この5レースを見ていくと面白い傾向が見える。




・今回走る重賞と同じ距離を前走で勝っている。

・G1は重賞勝ちがある全勝馬、それ以外は新馬・未勝利で1着直後の馬が1着  (牝馬限定戦を含む)。




この2つを事を踏まえて登録馬をみていくと、


・ダノンマジェスティ

・ノーブルカリナン



この2頭が該当する。



どちらが良いかと言えば、

G3のレースは、前走1番人気で1着している馬が来ている以上、


・ダノンマジェスティ



この考察からの一押しは、この馬とします。

東京新聞杯考察2

◎ヴィクトリアマイル1着馬が出走した年の流れ。

第58回 東京新聞杯 (GⅢ)■
東京競馬場 芝1600メートル
2008. 2. 2 曇 良  16頭

1着 4枠 07番 ローレルゲレイロ  牡4 57 藤田 伸二  昆  貢   6人
2着 5枠 09番 リキッドノーツ   牡7 56 田中 勝春  二ノ宮敬宇 13人
3着 1枠 01番 タマモサポート   牡5 56 津村 明秀  藤岡 健一 12人

10着1枠 02番 コイウタ      牝5 54 松岡 正海  奥平 雅士  9人





第64回 東京新聞杯 (GⅢ)■
東京競馬場 芝1600メートル
2014. 2.17 晴 重  16頭→14頭(取消)

1着 4枠 07番 ホエールキャプチャ 牝6 57 蛯名 正義  田中 清隆  8人
2着 6枠 11番 エキストラエンド  牡5 56 Cデムーロ  角居 勝彦  3人
3着 6枠 12番 クラレント     牡5 57 川田 将雅  橋口弘次郎  5人

11着8枠 15番 ヴィルシーナ    牝5 56 内田 博幸  友道 康夫  9人






※表7番が1着

※ヴィクトリアマイル1着馬を起点に5及び11横が3着以内









考 察)

2006年にヴィクトリアマイルを制定以降、ヴィクトリアマイル1着馬が出走したのは過去2回(3頭)。

出走した2回はともに1番人気・2番人気が馬券にすらならず、

2008年に至っては3連単2,543,450円の大荒れ。

今回も大荒れもあると見て検討していきたい。


まず1着馬の戦歴を見ていくと、2頭とも新馬・未勝利の後は条件戦を一回も

走っていないエリートオープン馬であることが分かります。

今回登録している馬でエリートオープン馬は、


・デンコウアンジュ

・リスグラシュー



2頭のアルテミスステークス勝ち馬。


アルテミスステークス勝ち馬はこのレース初登場でもあり、

注目をして行きたい。


ちなみにグレード制定後、このレースで牝馬が勝ったことは3回(1993・2014・2016年)あり、

全て4枠で1着。


どちらかが4枠に入るようなことがあれば、人気が無くても黙って買おうと思う。

東京新聞杯考察

◎2017年夏季番組以降、1600メートル(芝)G3レースの流れ。



第65回 中京記念 (GⅢ)■
中京競馬場 芝1600メートル ハンデ
2017. 7.23 曇 良  16頭

1着 2枠 03番 ウインガニオン   牡5 57 津村 明秀  西園 正都  5人
2着 3枠 06番 グランシルク    牡5 56 福永 祐一  戸田 博文  2人
3着 8枠 15番 ブラックムーン   牡5 57 Mデムーロ  西浦 勝一  1人





第52回 関屋記念 (GⅢ)■
新潟競馬場 芝1600メートル 別定
2017. 8.13 曇 良  16頭

1着 2枠 03番 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治  堀井 雅広  7人
2着 8枠 15番 ウインガニオン   牡5 57 津村 明秀  西園 正都  4人
3着 5枠 10番 ダノンリバティ   牡5 56 松若 風馬  音無 秀孝  5人





第62回 京成杯オータムハンデキャップ (GⅢ)■
中山競馬場 芝1600メートル
2017. 9.10 晴 良  16頭→15頭(取消)

1着 3枠 06番 グランシルク    牡5 56 田辺 裕信  戸田 博文  1人
2着 2枠 03番 ガリバルディ    牡6 57 北村 宏司  藤原 英昭 11人
3着 7枠 13番 ダノンリバティ   牡5 56 松若 風馬  音無 秀孝  6人





第20回 富士ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 芝1600メートル 別定
2017.10.21 雨 不良 15頭

1着 4枠 06番 エアスピネル    牡4 57 武  豊   笹田 和秀  1人
2着 8枠 15番 イスラボニータ   牡6 58 Cルメール  栗田 博憲  4人
3着 7枠 13番 クルーガー     牡5 57 内田 博幸  高野 友和 11人





第56回 京都金杯 (GⅢ)■
京都競馬場 芝1600メートル ハンデ
2018. 1. 6 晴 良  13頭

1着 6枠 09番 ブラックムーン   牡6 57  武  豊   西浦 勝一  4人
2着 8枠 13番 クルーガー     牡6 57.5 浜中 俊   高野 友和  3人
3着 5枠 07番 レッドアンシェル  牡4 55  幸  英明  庄野 靖志  1人





※表裏195番目が2着以内。







考 察)

2017年夏季番組以降、マイル(芝)の重賞は上記の5レース。

この5レースの勝ち馬を見ていくと、レース別に傾向は見える。




☆ハンデ戦(中京記念・形成杯OH・京都金杯)・・・重賞未勝利馬が1着

★別定戦(関屋記念・富士ステークス)・・・当年古馬重賞1着歴のある馬が1着




これが続くとなると、今回の東京新聞杯は別定戦なので古馬重賞勝ちのある馬から1着が出る。

もう少し詳しく見ると、2頭ともハンデ戦を同一年に勝っている。

ただ今回の登録メンバーを見ていくと、2017年に重賞を勝っているのはアドマイヤリードのみ。

ハンデ戦勝ち馬は、全ての年度を見渡しても2016年中京記念を勝ったガリバルディのみ。 

連対した馬まで広げても、ガリバルディ(京成杯OH2着)とクルーガー(京都金杯2着)の2頭のみ。


ここまで該当する馬がいないと別のタイプを使ってくる可能性も否定できないが、

今の段階で否定していてもしょうがないので、今回の考察からは、


過去にG3ハンデ戦勝ちがあり、昨年に連対歴G3ハンデ2着歴のある


ガリバルディを今回の考察から一押しとします。



あと、今回一番人気が確実なグレーターロンドン。

重賞1着歴の無いグレーターロンドンは、今回のデーターからは頭としては買えない。

2着についても、当年マイル重賞勝ち歴のある馬であった事を考えると、

グレーターロンドンは2着も危ないと思われる。



そうなると今回の東京新聞杯は、穴が出る可能性が・・・。






























シルクロードS三連単的中




上手に引っかかってくれました。

シルクロードステークス見解

見 解)

一番人気は、(02)アレスバローズと(08)ダイアナヘイローの2頭で争い中。

考察から考えていくと1番人気は買いたくないので、

最終的のどちらが1番人気になるか気になる所。


そんな中でどこから買うか迷うが、

考察2を見ていくとハンデ58キロが出走した時は、

以外にもハンデを背負って人気をしている馬が1着をしているので、

4枠も3着以内であるので、素直に(08)ダイアナヘイローに◎。



この馬に勝てる可能性と考察から、

○(01)ファインニードル


  

後は考察から、


▲(05)アップザシーサイド

☆(07)セイウンコウセイ

△(14)ミッキーラブソング

×(04)フミノムーン

お知らせ

今から法事に出かけるため、

シルクロードステークスの見解は15時くらいになる予定です。

根岸ステークス見解

◎今の条件になった2001年以降、出走取り消しがあった年の流れ。


第15回 根岸ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 ダート1400メートル
2001. 1.29 晴 不良 14頭→13頭(取消)

1着 7枠 12番 ノボトゥルー    牡5 56 Oペリエ   森  秀行  8人
2着 4枠 06番 サンフォードシチー 牡6 57 村山 明   大沢  真  3人
3着 7枠 11番 ブロードアピール  牝7 55 武 幸四郎  松田 国英  1人

取消 5枠 07番 ナリタワールド   牡5 56 北村 宏司  斉藤 隆





第18回 根岸ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 ダート1400メートル
2004. 1.31 晴 良  16頭→15頭(取消)

1着 5枠 10番 シャドウスケイプ  牡5 56 江田 照男  森  秀行  7人
2着 7枠 13番 ヒューマ      牡4 55 田中 勝春  山内 研二 10人
3着 6枠 12番 ノボトゥルー    牡8 59 武  豊   森  秀行  3人

取消 6枠 11番 ハタノアドニス   牡8 58 内田 博幸  高橋 三郎




※出走取消の隣馬が3着以内。






見 解)

出走取消が出た今年の根岸ステークス。

取り消しがあった2年の勝ち馬を見ていくと、重賞勝ちがない馬が2回とも1着。

前回の考察を含め、今年も重賞勝ちがない馬が勝ち馬になるとみる。


出走取消の裏番にあたり、4番人気であり(前回の考察より)重賞勝ちがない、

(02)アキトクレッセントが1番条件に合致しているので◎。



◎(02)アキトクレッセント




相手は考察から、


○(07)キングズガード

▲(03)ブラゾンドゥリス.

☆(14)ノンコノユメ

△(12)ブルドックボス

×(08)サンライズノヴァ



(02)アキトクレッセントがダメな時は、枠連5-5の可能性はあるとみる。















根岸S考察

◎小久保 智厩舎(浦和)が根岸ステークスに出走してきた年の流れ。



第28回 根岸ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 ダート1400メートル
2014. 2. 2 晴 良   16頭

1着 3枠 06番 ゴールスキー    牡7 56 Fベリー   池江 泰寿  4人
2着 5枠 09番 ノーザンリバー   牡6 57 蛯名 正義  浅見 秀一  8人
3着 7枠 14番 シルクフォーチュン 牡8 56 横山 典弘  藤沢 則雄  5人

6着 4枠 07番 ジョーメテオ    牡8 56 坂井 英光  小久保 智 14人





第29回 根岸ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 ダート1400メートル
2015. 2. 1 晴 重  16頭

1着 3枠 06番 エアハリファ    牡6 56 三浦 皇成  角居 勝彦  1人
2着 7枠 13番 ワイドバッハ    牡6 57 武  豊   庄野 靖志  2人
3着 7枠 14番 アドマイヤロイヤル 牡8 56 内田 博幸  橋田 満  15人

11着 2枠 03番 ジョーメテオ    牡9 56 吉原 寛人  小久保 智  6人
13着 2枠 04番 サトノタイガー   牡7 56 御神本訓史  小久保 智 13人





第30回 根岸ステークス (GⅢ)■
東京競馬場 ダート1400メートル
2016. 1.31 晴 稍重 16頭

1着 8枠 15番 モーニン      牡4 55 戸崎 圭太  石坂 正   1人
2着 4枠 08番 タールタン     牡8 56 Cルメール  吉村 圭司  6人
3着 1枠 02番 グレープブランデー 牡8 58 Fヴェロン  安田 隆行 10人

13着4枠 07番 サトノタイガー   牡8 56 吉原 寛人  小久保 智 14人





※重賞未勝利馬が1着。

※8歳馬が3着。





考 察)


南関東ナンバーワンである小久保智厩舎。

2008年以降、毎年中央競馬にも何頭か出走させていて、

勝ち鞍こそないものの2014年のカペラステークスでは、

サトノタイガーが2着をしている。


そんな小久保智厩舎の馬が根岸ステークスに出走してきた3年を見ていくと、

500万→1000万→1600万で1着歴があり、

前年度武蔵野ステークスで掲示板以内の馬が1着をしている。

今年の出走馬で対象になる馬は、




(02)アキノクレセント




今回のデーターからの一押しはこの馬です。






あと補足として、小久保智厩舎の昨年出走したレースを見ていくと、



・4番人気馬が2着以内。

・小久保智厩舎を起点に9つ横が2着以内







4番人気馬は今の時点では分からいが、9つ横については以下の2頭。



・(03)ブラゾンドゥリス

・(07)キングズガード








この2頭を2着候補として、あげておきます。














シルクロードS考察3

◎2017年夏季番組以降、G3ハンデ戦でハンデ58㎏馬が出走したレースの流れ。

第53回 CBC賞 (GⅢ)■
中京競馬場 芝1200メートル
2017. 7. 2 雨 良   18頭

1着 4枠 07番 シャイニングレイ 牡5 56 北村 友一  高野 友和  2人
2着 7枠 14番 セカンドテーブル 牡5 56 水口 優也  崎山 博樹 13人
3着 2枠 04番 アクティブミノル 牡5 56 酒井 学   北出 成人  8人

5着 6枠 11番 スノードラゴン  牡9 58 大野 拓弥  高木 登  12人





第53回 函館記念 (GⅢ)■
函館競馬場 芝2000メートル
2017. 7.16 曇 重  16頭

1着 6枠 12番 ルミナスウォリアー 牡6 55  柴山 雄一  和田正一郎  5人
2着 7枠 14番 タマモベストプレイ 牡7 56.5 吉田 隼人  南井 克巳 14人
3着 8枠 15番 ヤマカツライデン  牡5 55  池添 謙一  池添 兼雄  7人

11着 4枠 7番 マイネルミラノ   牡7 58  丹内 祐次  相沢 郁   4人





第65回 中京記念 (GⅢ)■
中京競馬場 芝1600メートル
2017. 7.23 曇 良  16頭

1着 2枠 03番 ウインガニオン   牡5 57 津村 明秀  西園 正都  5人
2着 3枠 06番 グランシルク    牡5 56 福永 祐一  戸田 博文  2人
3着 8枠 15番 ブラックムーン   牡5 57 Mデムーロ  西浦 勝一  1人

10着4枠 07番 ワンアンドオンリー 牡6 58 横山 典弘  橋口 慎介  7人





第62回 京成杯オータムハンデキャップ (GⅢ)■
中山競馬場 芝1600メートル
2017. 9.10 晴 良  16頭→15頭(取消)

1着 3枠 06番 グランシルク    牡5 56 田辺 裕信  戸田 博文  1人
2着 2枠 03番 ガリバルディ    牡6 57 北村 宏司  藤原 英昭 11人
3着 7枠 13番 ダノンリバティ   牡5 56 松若 風馬  音無 秀孝  6人

4着 3枠 05番 マルターズアポジー 牡5 58 武士沢友治  堀井 雅広  2人
*着 5枠 10番 ダノンプラチナ   牡5 58 蛯名 正義  国枝 栄  出走取消





第53回 福島記念 (GⅢ)■
福島競馬場 芝2000メートル
2017.11.12 晴 良  16頭→15頭(除外)

1着 2枠 03番 ウインブライト   牡3 54 松岡 正海  畠山吉 宏  2人
2着 7枠 13番 スズカデヴィアス  牡6 56 A.シュタルケ 橋田 満   3人
3着 3枠 06番 ヒストリカル    牡8 57 田中 勝春  音無 秀孝 10人

10着5枠 10番 マイネルミラノ   牡7 58 丹内 祐次  相沢 郁   7人




※表裏14番目が2着以内。

※ハンデ58㎏馬を基準に7・9横か15横が2着。








考 察)

2017年夏季番組以降のG3ハンデ戦で、ハンデ58㎏を背負った馬が出走したのは上記5レース。

何故かハンデ58㎏の馬が5レースとも表裏26番目に配置されており、

今回58㎏を背負うセイウンコウセイが表裏26番目に入るか注目しておきたい。

ズバリ入れば今までと同じことをやってくる可能性が高いとみて、もう少しこの項目を掘り下げていきたい。



あと1着馬について見ていくと、5頭とも共同馬主(キャロット・ノーザン・ウイン・シルク)なので、

今回も注意を払っておきたい。




今回の共同馬主は下記の2頭。


・ディバインコード・・・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング

・ロードクエスト ・・・(株)ロードホースクラブ



※アットザシーサイドは多分個人馬主の共同馬ですが、名義が吉田照哉さん個人になっているので除外しました。



ディバインコードは除外の対象なので、今回の一押しはロードクエストとします。
























シルクロードS考察2

◎ハンデ戦になった2002年以降、ハンデ58㎏が出走した年の流れ。


第16回 シルクロードステークス (GⅢ)■
京都競馬場 芝1200メートル
2011. 1.29 晴 良   16頭

1着 5枠 09番 ジョーカプチーノ  牡5 58 藤岡 康太  中竹 和也  1人
2着 3枠 06番 アーバニティ    牡7 57 四位 洋文  古賀 慎明 14人
3着 4枠 07番 モルトグランデ   牡7 56 田辺 裕信  久保田貴士  4人




第17回 シルクロードステークス (GⅢ)■
京都競馬場 芝1200メートル
2012. 1.28 晴 良   16頭

1着 4枠 07番 ロードカナロア   牡4 57 福永 祐一  安田 隆行  1人
2着 7枠 13番 エーシンダックマン 牡5 57 川田 将雅  坂口 正則  2人
3着 5枠 10番 ケンブリッジエル  牡6 53 和田 竜二  山内 研二 16人

12着 5枠09番 ヘッドライナー   騙8 58 幸  英明  西園 正都 11人




第18回 シルクロードステークス (GⅢ)■
京都競馬場 芝1200メートル
2013. 1.27 晴 良   16頭

1着 2枠 04番 ドリームバレンチノ 牡6 58 松山 弘平  加用 正   2人
2着 8枠 16番 ダッシャーゴーゴー 牡6 59 川田 将雅  安田 隆行  4人
3着 4枠 08番 メイショウデイム  牝6 53 国分 恭介  佐山 優  11人

4着 7枠 14番 マジンプロスパー  牡6 58 福永 祐一  中尾 秀正  6人




※1200メートル(芝)重賞1着歴のある馬が1着。

※1200メートル(芝)オープン以上のレースで1着歴のある馬が2着。

※ハンデ58㎏馬の2つ横が3着以内。

※ハンデ58㎏馬の枠が3着以内。

※4枠が3着以内。







考 察)


ハンデ58㎏馬が出走したのは上記の3年。

この3年の連対馬を見ていくと、実績馬同士で決着している。


今回のデーターから見た1着候補は下記の4頭。


・アクティブミノル

・セイウンコウセイ 

・ダイアナヘイロー 

・ファインニードル



4頭だと多いので、もう少し絞ります。

過去の勝ち馬3頭の戦歴を見ていくと、3頭ともシルクロードSを走る前に高松宮記念出走歴がありません。

今回で高松宮記念出走歴が無いのは、



・ダイアナヘイロー 

・ファインニードル





今回考察からの推奨馬は、上記2頭とします。











スポンサーリンク