FC2ブログ

せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

月別アーカイブ:2018年02月

2018年チューリップ賞考察1

◎無敗の阪神JF勝ち馬が出走した年の流れ。



第3回 チューリップ賞 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
1996. 3. 2 晴 稍重 14頭

1着 4枠 05番 エアグルーヴ    牝3 54  Oペリエ   伊藤 雄二  2人
2着 8枠 14番 ビワハイジ     牝3 54  角田 晃一  浜田 光正  1人
3着 3枠 03番 アジュディケーター 牝3 54  加藤 和宏  佐藤 全弘  4人




第13回 チューリップ賞 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
2006. 3. 4 晴 良  16頭

1着 7枠 14番 アドマイヤキッス  牝3 54  武  豊   松田 博資  2人
2着 4枠 08番 シェルズレイ    牝3 54  岩田 康誠  松田 国英  6人
3着 8枠 15番 ウインシンシア   牝3 54  秋山真一郎  石坂 正  11人
4着 6枠 11番 テイエムプリキュア 牝3 54  上村 洋行  五十嵐忠男  1人




第18回 チューリップ賞 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
2011. 3. 5 晴 良  12頭

1着 6枠 08番 レーヴディソール  牝3 54  福永 祐一  松田 博資  1人
2着 7枠 10番 ライステラス    牝3 54  岩田 康誠  和田 正道  2人
3着 5枠 05番 メデタシ      牝3 54  浜中 俊   音無 秀孝  6人




第19回 チューリップ賞 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
2012. 3. 3 晴 良  14頭

1着 7枠 12番 ハナズゴール    牝3 54  Cデムーロ  加藤 和宏  4人
2着 8枠 14番 エピセアローム   牝3 54  浜中 俊   石坂 正   3人
3着 4枠 05番 ジョワドヴィーヴル 牝3 54  福永 祐一  松田 博資  1人




第24回 チューリップ賞 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
2017. 3. 4 晴 良  12頭

1着 7枠 10番 ソウルスターリング 牝3 54  Cルメール  藤沢 和雄  1人
2着 6枠 07番 ミスパンテール   牝3 54  四位 洋文  昆  貢   7人
3着 3枠 03番 リスグラシュー   牝3 54  武  豊   矢作 芳人  2人


※赤文字は阪神JF1着馬




☆表裏99番目が2着以内










考 察)


今年からG2に昇格したチューリップ賞。


今までと何か変えてくる可能性は強いが、

根本的な所は変わらないと思って考察を進めていきます。


過去に無敗の阪神JF勝ち馬がチューリップ賞に出走した事は上記の5回。


阪神JF1着馬の成績は、1着2回、2着・3着・4着が各1回。




1着した2頭の戦歴を含め見ていくと、


(1)阪神JF1着までに、牡馬混合OP以上のレースで1着歴がある。

(2)阪神JFを1番人気で1着している。

(3)3戦3勝馬。



上記3つが共通項としてあり、チューリップ賞においては、


(4)12頭立てで施行。

(5)単勝1番人気。



これら5つが満たされた時に阪神JF1着がチューリップ賞を1着している。



今年のラッキーライラック、(3)~(5)はクリアーしそうだが、

一番肝心そうな(1)・(2)を満たしていない事を考えると、

何かに足元をすくわれる可能性が強いが、


今回の考察からは明確な1着馬のタイプが見えない。



強いて書くなら、


2番人気になりそうなリリーノーブル


4番人気になりそうで、

勝ち上がってきたレース距離がハナズゴールと同じであるシグナライズ、



この2頭。


今回の考察からはこの2頭を1着候補と見ます。



あと今回のレースには関係ないが、この先の桜花賞まで今回考察した馬達の結果を見ていくと、

ピックアップした5年の3着までに入着した馬で、桜花賞馬は一頭もいない。



ここを勝ちあげればどの馬であれ桜花賞で人気はするだろうが、

今回のデーターからは疑うべきと出ている事を忘れずに覚えておきたい。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2018年弥生賞考察1

◎全勝の朝日杯FS馬が弥生賞に出走した年の流れ。


第23回 弥生賞 (GⅢ)■
中山競馬場 芝2000メートル
1986. 3. 2 晴 良  11頭

1着 8枠 10番 ダイシンフブキ   牡3 55  菅原 泰夫  柴田 寛   3人
2着 8枠 11番 ダイナコスモス   牡3 55  岡部 幸雄  沢  峰次  5人
3着 3枠 03番 ニッポーテイオー  牡3 55  蛯名 信広  久保田金造  4人




第26回 弥生賞 (GⅡ)■
中山競馬場 芝2000メートル
1989. 3. 5 雨 不良 16頭

1着 3枠 05番 レインボーアンバー 牡3 55  増沢 末夫  鈴木勝太郎  2人
2着 8枠 16番 ワンダーナルビー  牡3 55  田村 正光  久恒 久夫  7人
3着 1枠 02番 アンシストリー   牡3 55  岡部 幸雄  畠山 重則  3人

12着2枠 03番 サクラホクトオー  牡3 55  小島 太   境 勝太郎  1人




第32回 弥生賞 (GⅡ)■
中山競馬場 芝2000メートル
1995. 3. 5 晴 重  10頭

1着 8枠 09番 フジキセキ     牡3 55  角田 晃一  渡辺 栄   1人
2着 7枠 07番 ホッカイルソー   牡3 55  蛯名 正義  田中 清隆  2人
3着 1枠 01番 ハシノタイユウ   牡3 55  高橋 和宏  佐藤 和伸  8人




第53回 弥生賞 (GⅡ)■
中山競馬場 芝2000メートル
2016. 3. 6 曇 良  12頭

1着 8枠 11番 マカヒキ      牡3 56  Cルメール  友道 康夫  2人
2着 7枠 10番 リオンディーズ   牡3 56  Mデムーロ  角居 勝彦  1人
3着 4枠 04番 エアスピネル    牡3 56  武  豊   笹田 和秀  3人


※赤字は朝日杯FS1着馬




☆表裏2番が3着以内。










考 察)

1984年以降、無敗の朝日杯FS馬が出走したのは上記の4回。

勝ち馬を見ていくと、

朝日杯FS1着馬が2回、

2番人気馬が2回。


これを見る限りこの考察からの1着馬候補は下記の2頭。


・ダノンプレミア

・ワグネリアン





2着候補について上記考察の2着馬4頭を見ていくと、

オープン以上で1着歴がある事からダノンプレミア・ワグネリアン以外では、


・サンリヴァル

・ジャンダルム





どう転んでも固そうです。



あと3着馬については、

地方所属であったハシノタイユウ以外の3頭は前走重賞で5着以内であった事から、

上記の馬4頭のうちのどれかと思われます。









参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします












2018年中山記念結果など

中山記念、○ウインブライト1着→△アエロリットは想定内だが、

3着マルターズアポジーは無印・・・。


私にとって3着馬を探すのは1着馬を探すことより難しい。




阪急杯、1着ダイアナヘイローを無印では問題外。

前走◎を打っていた馬なのに。

この馬が1着したということは、検討したレースがそもそも違っていたんだろうな。


今回のダイアナヘイローは7番人気で1着。

2000年以降で過去3回(2005・2009・2017年)7番人気勝ちがあって、

その年の高松宮記念を見ていくと、阪急杯の1着か2着馬の騎手が連対している。


例年の高松宮記念はドバイワールドカップの開催と重なるため、

有力なジョッキーが数人は欠けて乗り代わりが発生するが、

今年は3月31日開催のため継続して騎乗するはず。


そこから考えていくと、今年はC.ルメールが怪しいとヤマを張っています。







早いもんで木曜日から3月。


齢を重ねるにつれて月日が流れるのが早く感じてしょうがない。


やる事は多いんだけど、気力と体力が・・・。






チューリップ賞は阪神JF1~3着馬が登録。

弥生賞は、早くもワグネリアンとダノンプレミアムの対決。


なんか両レースとも堅そうな匂いがするなぁ~。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2018年阪急杯見解

最終見解)


2001年以降、前年度スプリンターズ1着馬が出走したのが下記の4回。



第45回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1200メートル
2001. 2.25 晴 良  14頭

1着 5枠 08番 ダイタクヤマト   牡7 58  Mデムーロ  石坂 正  2人
2着 3枠 03番 ブラックホーク   牡7 59  横山 典弘  国枝 栄  1人
3着 4枠 06番 アドマイヤコジーン 牡5 57  上村 洋行  橋田 満  9人




第47回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1200メートル
2003. 3. 2 晴 稍重  15頭

1着 4枠 07番 ショウナンカンプ  牡5 59  藤田 伸二  大久保洋吉  1人
2着 1枠 01番 サニングデール   牡4 58  福永 祐一  瀬戸口 勉  3人
3着 5枠 09番 アグネスソニック  牡4 56  Mデムーロ  森  秀行  4人

9着 6枠 10番 ビリーヴ      牝5 57  武  豊   松元 茂樹  2人




第49回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1200メートル
2005. 2.27 曇 良  16頭

1着 2枠 04番 キーンランドスワン 牡6 57  四位 洋文  森  秀行  7人
2着 8枠 16番 カルストンライトオ 牡7 59  大西 直宏  大根田裕之  3人
3着 6枠 12番 ウインクリューガー 牡5 58  岩田 康誠  松元 茂樹  5人




第57回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1400メートル
2013. 2.24 晴 良  16頭

1着 2枠 03番 ロードカナロア   牡5 58  岩田 康誠  安田 隆行  1人
2着 1枠 02番 マジンプロスパー  牡6 56  福永 祐一  中尾 秀正  2人
3着 3枠 06番 オリービン     牡4 56  川田 将雅  橋口弘次郎 11人





新潟開催で1着のビリーヴを除けば、1着が2頭・2着が1頭。

モズアスコットが1番人気になるようなメンバー構成であれば、

素直に◎で大丈夫であろう。



◎(03)レッドファルクス





相手は、今年のようにスワンS・阪神カップの1着馬が

揃って出走しなかった下記の2年を見ていくと、



第54回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1400メートル
2010. 2.28 曇 良  16頭

1着 1枠 02番 エーシンフォワード 牡5 56  岩田 康誠  西園 正都  2人
2着 2枠 04番 ワンカラット    牝4 55  藤岡 佑介  藤岡 健一  5人
3着 3枠 06番 サンカルロ     牡4 58  吉田 豊   大久保洋吉  7人





第60回 阪急杯 (GⅢ)■
阪神競馬場 芝1400メートル
2016. 2.28 晴 良  18頭

1着 7枠 13番 ミッキーアイル   牡5 57  松山 弘平  音無 秀孝  1人
2着 6枠 11番 オメガヴェンデッタ 騙5 56  武  豊   安田 隆行  4人
3着 2枠 03番 ブラヴィッシモ   牡4 56  川田 将雅  須貝 尚介  5人



前年度に1400m重賞で3着以内の馬及び、

1600万下条件を1400m(芝)で勝ち上がって5番人気以内の馬が3着以内なので、



○(17)モズアスコット

▲(08)ヒルノデイバロー

☆(15)カラクレナイ

△(14) モーニン 

×(12)ディバインコード






参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2018年中山記念見解

最終見解)



今回はG1馬が3頭出走。

過去それぞれが勝ったG1馬の出走した年は下記の通り。




マイルチャンピオンシップ1着馬


第77回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル
2003. 3. 2 晴 重  12頭

1着 2枠 02番 ローエングリン   牡4 57  後藤 浩輝  伊藤 正徳 1人
2着 7枠 09番 バランスオブゲーム 牡4 57  田中 勝春  宗像 義忠 4人
3着 5枠 05番 ダイワジアン    牡7 57  菊沢 隆徳  上原 博之 9人

中止8枠 11番 トウカイポイント  騙7 58  蛯名 正義  後藤 由之 2人






NHKマイルカップ1着馬


第77回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル
2003. 3. 2 晴 重  12頭

1着 2枠 02番 ローエングリン   牡4 57  後藤 浩輝  伊藤 正徳 1人
2着 7枠 09番 バランスオブゲーム 牡4 57  田中 勝春  宗像 義忠 4人
3着 5枠 05番 ダイワジアン    牡7 57  菊沢 隆徳  上原 博之 9人

8着 8枠 10番 テレグノシス    牡4 57  勝浦 正樹  杉浦 宏昭 3人




第80回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル
2006. 2.26 雨 重  12頭

1着 5枠 06番 バランスオブゲーム 牡7 59  田中 勝春  宗像 義忠  6人
2着 1枠 01番 ダイワメジャー   牡5 58  Mデムーロ  上原 博之  1人
3着 8枠 12番 エアメサイア    牝4 55  武  豊   伊藤 雄二  4人

11着5枠 05番 ハットトリック   牡5 59  Oペリエ   角居 勝彦  3人







秋華賞1着馬


第80回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル
2006. 2.26 雨 重  12頭

1着 5枠 06番 バランスオブゲーム 牡7 59  田中 勝春  宗像 義忠  6人
2着 1枠 01番 ダイワメジャー   牡5 58  Mデムーロ  上原 博之  1人
3着 8枠 12番 エアメサイア    牝4 55  武  豊   伊藤 雄二  4人




第91回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル
2017. 2.26 晴 良  11頭

1着 1枠 01番 ネオリアリズム   牡6 57  Mデムーロ  堀  宣行  3人
2着 5枠 05番 サクラアンプルール 牡6 56  横山 典弘  金成 貴史  8人
3着 7枠 09番 ロゴタイプ     牡7 58  田辺 裕信  田中 剛   7人

5着 3枠 03番 ヴィヴロス     牝4 54  内田 博幸  友道 康夫  4人





見て分かる通り、2006年エアメサイア3着以外はすべて馬場掃除。


これを見る限りG1馬を軸にはできないので、軸には非G1馬を取りたい。



上記のデーターで重なり合っているのは2003年と2006年。


勝ち馬のタイプは違うのでどちらが起用されるか分からないが、

枠順・考察から考えていくと、


2003年タイプなら、(05)ウインブライト

2006年タイプなら、(02)サクラアンプルール


どちらかと見る。


どちらが◎で構わないと思うが、個人的にこちらのが多少プラス材料があるとみて、




◎(02)サクラアンプルール

○(05)ウインブライト







2頭が負けるとしたら、上記のG1馬は1番人気を背負っていなかったが、

今回のペルシアンナイトは背負っているので可能性があると見て、



▲(04)ペルシアンナイト




後は考察から、


△(10)アエロリット

×(07)ディサイファ








参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2018年中山記念考察2

◎2017年夏季番組以降、中山競馬場2日目11Rの流れ。



第62回 京成杯オータムハンデキャップ (GⅢ)■
中山競馬場 芝1600メートル
2017. 9.10 晴 良  16頭→15頭

1着 3枠 06番 グランシルク    牡5 56  田辺 裕信  戸田 博文  1人

2着 2枠 03番 ガリバルディ    牡6 57  北村 宏司  藤原 英昭 11人

3着 7枠 13番 ダノンリバティ   牡5 56  松若 風馬  音無 秀孝  6人





2017年12月3日(日曜) 5回中山2日
11R ラピスラズリステークス 1200m 芝・右 外
サラ系3歳以上 (国際)(特指) オープン 12頭

1着 8枠 11番 アルティマブラッド 牝5 54  津村 明秀  音無 秀孝  3人

2着 5枠 05番 ナックビーナス   牝4 54  横山 典弘  杉浦 宏昭  1人

3枠 2枠 02番 サザナミ      牝5 54  石橋 脩   堀  宣行  4人





第34回 フェアリーステークス (GⅢ)■
中山競馬場 芝1600メートル
2018. 1. 7 晴 良  16頭

1着 7枠 14番 プリモシーン    牝3 54  戸崎 圭太  木村 哲也  2人

2着 5枠 10番 スカーレットカラー 牝3 54  太宰 啓介  高橋 亮   6人

3着 7枠 13番 レッドベルローズ  牝3 54  蛯名 正義  鹿戸 雄一  7人

6着 8枠 16番 テトラドラクマ   牝3 54  石橋 脩   小西 一男  1人





※表裏35・62・83番目が2着以内。

※1番人気馬の3つ横が3着以内。








参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします





2018年中山記念考察1

◎競馬場名記念タイトルレースの流れ


第110回 京都記念 (GⅡ)
京都競馬場 芝2200メートル
2017. 2.12 晴 稍重  10頭立て

1着 6枠06番サトノクラウン   牡5 58 Mデムーロ 堀  宣行 3人

2着 4枠04番スマートレイアー  牝7 54 岩田 康誠 大久保龍志 5人

3着 3枠03番マカヒキ      牡4 57 Rムーア  友道 康夫 1人




第91回 中山記念 (GⅡ)
中山競馬場 芝1800メートル
2017. 2.26 晴 良   11頭立て

1着 1枠01番ネオリアリズム   牡6 56 Mデムーロ 堀  宣行 3人

2着 5枠05番サクラアンプルール 牡6 56 横山 典弘 金成 貴史 8人

3着 7枠09番ロゴタイプ     牡7 58 田辺 裕信 田中 剛  7人




第53回 函館記念 (GⅢ)■
函館競馬場 芝2000メートル
2017. 7.16 曇 重    16頭立て

1着 6枠12番ルミナスウォリアー 牡6 55  柴山 雄一 和田正一郎 5人

2着 7枠14番タマモベストプレイ 牡7 56.5 吉田 隼人 南井 克巳 14人

3着 8枠15番ヤマカツライデン  牡5 55  池添 謙一 池添 兼雄 7人




第65回 中京記念 (GⅢ)■
中京競馬場 芝1600メートル
2017. 7.23 曇 良    16頭立て

1着 2枠03番ウインガニオン   牡5 57 津村 明秀  西園 正都 5人

2着 3枠06番グランシルク    牡5 56 福永 祐一  戸田 博文 2人

3着 8枠15番ブラックムーン   牡5 57 Mデムーロ  西浦 勝一 1人




第53回 札幌記念 (GⅡ)■
札幌競馬場 芝2000メートル
2017. 8.20 晴 良    13頭立て

1着 1枠01番サクラアンプルール 牡6 57 蛯名 正義 金成 貴史 6人

2着 2枠02番ナリタハリケーン  牡8 57 藤岡 康太 中尾 秀正 12人

3着 3枠03番ヤマカツエース   牡5 57 池添 謙一 池添 兼雄 1人




第53回 新潟記念 (GⅢ)■
新潟競馬場 芝2000メートル
2017. 9. 3 晴 良  17頭

1着 1枠 01番 タツゴウゲキ    牡5 55  秋山真一郎  鮫島 一歩  6人

2着 6枠 11番 アストラエンブレム 牡4 56.5 Mデムーロ  小島 茂之  1人

3着 4枠 07番 カフジプリンス   牡4 55  中谷 雄太  矢作 芳人 12人




第53回 福島記念 (GⅢ)■
福島競馬場 芝2000メートル
2017.11.12 晴 良 16頭→15頭(除外)

1着 2枠 03番 ウインブライト   牡3 54  松岡 正海  畠山 吉宏  2人

2着 7枠 13番 スズカデヴィアス  牡6 56  シュタルケ  橋田 満   3人

3着 3枠 06番 ヒストリカル    牡8 57  田中 勝春  音無 秀孝 10人




第111回 京都記念 (GⅡ)■
京都競馬場 芝2200メートル (国際) オープン 別定
2018. 2.11 晴 重  10頭

1着 4枠 04番 クリンチャー    牡4 55  藤岡 佑介  宮本 博   4人

2着 8枠 10番 アルアイン     牡4 57  川田 将雅  池江 泰寿  3人

3着 6枠 06番 レイデオロ     牡4 57  バルジュー  藤沢 和雄  1人




第92回 中山記念 (GⅡ)■
中山競馬場 芝1800メートル (国際)(指定) オープン 別定
2018. 2.25 曇 良  10頭

1着 5枠 05番 ウインブライト   牡4 56  松岡 正海  畠山 吉宏  2人

2着 8枠 10番 アエロリット    牝4 55  横山 典弘  菊沢 隆徳  5人

3着 7枠 08番 マルターズアポジー 牡6 56  柴田 善臣  堀井 雅広  6人




第54回 農林水産省賞典 函館記念 (GⅢ)■
函館競馬場 芝2000メートル (国際)(特指) オープン ハンデ
2018. 7.15 晴 良  15頭 

1着 4枠 06番 エアアンセム    牡7 55  藤岡 佑介  吉村 圭司  5人

2着 2枠 03番 サクラアンプルール 牡7 57.5 田辺裕信   金成 貴史  7人

3着 8枠 14番 エテルナミノル   牝5 54  四位 洋文  本田 優  13人




第66回 トヨタ賞 中京記念 (GⅢ)■
中京競馬場 芝1600メートル (国際)(特指) オープン ハンデ 
2018. 7.22 晴 良  16頭

1着 8枠 16番 グレーターロンドン 牡6 56.5 田辺 裕信  大竹 正博  1人

2着 6枠 12番 ロジクライ     牡5 56  浜中 俊   須貝 尚介  5人

3着 2枠 04番 リライアブルエース 牡5 54  戸崎 圭太  矢作 芳人  4人












※1番人気馬は2着以下。

※G2は表裏27番・67番・77番目が2着以内。

※G3は表裏51番・62番が2着以内。





考 察)


競馬の年度替わりはどこかと考えていくと、

人それぞれ考え方があるので何とも言えないが、

日本の競馬はダービーを頂点に出来ていると思うので、

私は2歳新馬戦が始まる日が年度替わりだと思っている。


そうすると今回考察の始まりは函館記念になり、

2017年函館記念から2018年京都記念までを見ていくと、

循環ゲートの211番目が2着以内になっています。


上記に書いた、G2は表裏27番・67番・77番目が2着以内と合わせて注意していきたいです。



次に1番人気馬について。


今回1番人気になりそうなのはペルシアンナイト 。

今回の考察からは頭として買う要素は無い。


ただし、史上4頭目の3歳マイルチャンピオンシップ1着馬。

馬場掃除をしてくるようなことは無いと思う。


因みに過去3頭は、

サッカーボーイ  → 有馬記念3着(4着繰上り)

タイキシャトル  → スプリンターズS 1着

アグネスデジタル → 京都金杯 3着


馬券圏内は外していない。


今回ペルシアンナイトにどの席が用意されているかは分からないが、

3着以内に来てくれるであろう(私個人の希望は3着)。



最後に気になる馬について。


今回の登録馬で気になるのは、


サクラアンプルール


この馬2017年は合計7走しているんだけど、

同枠馬まで含めると全て3着以内。


グレードレースだけで見ていくと、


単頭枠になった時は自分が連対(中山記念2着・札幌記念1着)、

複数枠になった時は同枠馬が3着以内(大阪杯1着・函館記念3着・天皇賞秋2着・有馬記念3着)、


今回もあまり人気なさそうなので、単頭枠になってくれると面白いんだけどねぇ・・・。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

フェブラリーS 馬単◎→○ 的中

日曜日の昼からからせどりしたCD・DVDの検品・梱包、

今年度分の確定申告するための資料整理もろもろで昨日まで睡眠を削っている上に、

会社の方jもパートの方が月・火曜日を休んでる関係でいつもの1.5倍くらい仕事をしている状態で、

こちらまで手が回らない状態で2日間放置プレイとなりました。


若いころと違って自分が思っているほど身体に無理が効かなくなってきています。


年度末まではこんなことも多々あるとは思いますが、この辺りはご容赦してください。




さて、本題のフェブラリーステークス。

今回は◎→○で馬単的中、テイエムジンソクを無印としましたので予想の方向性に間違いはなかったと思います。

ただ、3着馬インカンテーションを無印にしてしまったのはいただけなかったと反省してあと検証をかけてみました。


結論から言うと細かいことは書きませんが3枠同枠馬のサウンドトゥルー に鍵がありました。

この事に気付いていれば無印にはしないと思いますので残念でした。


ただそんな中、夢競馬さんから3連単的中のコメントがあり、


見ず知らずの俺の予想でも信用してくれる人がいる事がうれしかったです。


夢競馬さん、的中おめでとうございます。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします











2018年フェブラリーステークス見解

◎桜花賞馬が出走のフェブラリーステークス流れ。

第16回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
1999. 1.31 晴 良  16頭

1着 5枠 09番 メイセイオペラ   牡5 57  菅原 勲   佐々木修一  2人

2着 6枠 12番 エムアイブラン   牡7 57  武  豊   伊藤 修司  7人

3着 5枠 10番 タイキシャーロック 牡7 57  横山 典弘  土田 稔   4人



5着 4枠 07番 キョウエイマーチ  牝5 55  秋山真一郎  野村 彰彦  5人





第17回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2000. 2.20 曇 良  16頭

1着 7枠 14番 ウイングアロー   牡5 57  Oペリエ   工藤 嘉美  4人

2着 3枠 06番 ゴールドティアラ  牝4 54  武  豊   松田 国英  2人

3着 1枠 01番 ファストフレンド  牝6 55  蛯名 正義  高市 圭二  7人

 
11着4枠 08番 キョウエイマーチ  牝6 55  秋山真一郎  野村 彰彦  6人


※赤文字は桜花賞馬。




※桜花賞馬の2つ横が2着以内。

※武豊が2着。








最終見解)

想定では出走予定ではなかった(阪急杯が予定)桜花賞馬レッツゴードンキ


フェブラリーSがG1に昇格して以降で桜花賞馬が出走したことがあるのは、

キョウエイマーチ1頭のみ。


今年のフェブラリーSは、

過去にわずか2頭しかいないJRAダートG1同一年勝利馬、

1頭しかいない桜花賞馬を出走させてきた以上、それを組んだ流れになる筈である。



まず、JRAダートG1同一年勝利馬(考察1参照)と桜花賞馬が出走していた

過去4年の1着馬の騎手を時系列で見ていくと、

菅原勲(岩手所属)・O.ペリエ(フランス)×2回・岩田康成(地方出身)、

4人とも純粋なJRA騎手ではありません。



次に過去4年の1着馬の年令を見ていくと、5歳が3勝・6歳馬が1勝。




この2つの項目をクリアーするのは下記の3頭。



(11)ロンドンタウン

(12)ノンコノユメ

(14)ゴールドドリーム



この中でG1勝ちが無く、優先出走権をもっていないロンドンタウンはオミット。


残りはノンコノユメとゴールドドリーム。




世相から見れば、羽生結弦のオリンピック連覇からゴールドドリーム。




ただし、今回の彼は1番人気では無かった。

※ブックメーカーオッズ(ウイリアムヒル社)で前売り3.25倍の2番人気。




JRAダートG1同一年勝利馬が出走した2回も1番人気馬の勝利は無い。



考察を含めへそ曲がりの私の◎は、



◎(12)ノンコノユメ





対抗は、考察と今回のデーターから◎をひっくり返せる可能性がある馬、



〇(14)ゴールドドリーム





上記2頭のどちらかが1着の可能性が強いが、競馬は枠が走るのが基本と私は思っているので、



▲(11)ロンドンタウン






後は2着・3着候補として、考察と今回のデーターから武豊騎手・8枠が有力と見て、



☆(16)サンライズノヴァ

△(04)アウォーディー

×(15)ベストウォーリア







今年初めのG1。

何とか良いスタートを切りたいもんです。


あと、今日ちょっと書いたブックメーカー。

フェブラリーステークスも売っていて(単勝と単複馬券のみ)、

出しているオッズは見てもらうと分かりますが、

今回はJRAのオッズとほとんど変りません。


ただ、海外競馬の時は美味しい配当(モーリスが初めて出走した香港マイルは単勝5倍など)

も結構あるようなので、こう言う所でも買えるんだと言う事を覚えて置いて損は無いと思います。


こちらについては買うまでにひと手間かかりますので、

別の機会にと思っております(ドバイのレースが間に合うように)。










参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします


2018年フェブラーリS考察3

第18回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2001. 2.18 晴 良 16頭

1着 8枠 15番 ノボトゥルー    牡5 57 Oペリエ   森  秀行  5人

2着 3枠 06番 ウイングアロー   牡6 57 岡部 幸雄  南井 克巳  2人

3着 8枠 16番 トゥザヴィクトリー 牝5 55 武  豊   池江 泰郎  4人






第19回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2002. 2.17 曇 良  16頭

1着 5枠 09番 アグネスデジタル  牡5 57 四位 洋文  白井 寿昭  1人

2着 6枠 12番 トーシンブリザード 牡4 57 石崎 隆之  佐藤 賢二  4人

3着 1枠 02番 ノボトゥルー    牡6 57 Oペリエ   森  秀行  2人





第30回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2013. 2.17 晴 良  16頭

1着 1枠 02番 グレープブランデー 牡5 57 浜中 俊   安田 隆行  3人

2着 3枠 06番 エスポワールシチー 牡8 57 松岡 正海  安達 昭夫  9人

3着 5枠 10番 ワンダーアキュート 牡7 57 和田 竜二  佐藤 正雄  7人





第34回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2017. 2.19 晴 良  16頭

1着 2枠 03番 ゴールドドリーム  牡4 57 Mデムーロ  平田 修   2人

2着 5枠 09番 ベストウォーリア  牡7 57 戸崎 圭太  石坂 正   5人

3着 5枠 10番 カフジテイク    牡5 57 津村 明秀  湯窪 幸雄  1人




・赤文字 前年度フェブラリーステークス1着馬

・青文字 前年度フェブラリーステークス3着馬







※フェブラリーS前年度1着馬は、2着以下。

※フェブラリーS前年度2着馬は、4着以下。

※フェブラリーS前年度3着馬は、3着以下。












考 察)

フェブラリーステークスがG1になって以降、

前年度1~3着馬が揃って出走したのは上記の4回。


成績は、延べ12頭で1着0回・2着2回・3着1回。


結構散々たる成績で、これを見ると去年の1~3着馬である

ゴールドドリーム・ベストウォーリア・カフジテイクを頭で買う事は

疑問に思うし、連軸として買う事もなかなか難しそうである。


そうなるとどれを買うかだが、上記4年の1着馬を見ていくと下記2点の共通項がある。



・ユニコーンステークスに出走歴がある。

・JRAダートG1レース未勝利馬。





これだけでかなり絞れますが、この2項目の中でもう少し細かく見ていきます。



上記勝ち馬4頭のユニコーンステークスの成績で分けるると、


1着馬  → アグネスデジタル、ゴールドドリーム

2着以下 → ノボトゥルー、グレープブランデー


このように分類が出来ます。



これを分類別でもう少し精査すると、


・.1着馬については、3歳時に武蔵野ステークス2着歴がある

・2着馬については、フェブラリーステークス優先出走権が発生している
 レースで1着をしている。




上記項目をすべて満たすのは1頭のみ。







☆ノンコノユメ



この馬をこの考察からの推奨とします。






参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします
スポンサーリンク