FC2ブログ

せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

月別アーカイブ:2018年10月

2018年JBCクラシック考察1

◎前年度チャンピオンズC(旧ジャパンカップダート)1着馬未出走、本年度フェブラリーS1着馬出走、このような組み合わせのJBCクラシックの流れ。



第1回 JBCクラシック (GⅠ)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2001.10.31 晴 稍重 15頭

1着 3枠 04番 レギュラーメンバー 牡4 57 松永 幹夫  山本 正司  1人
2着 5枠 08番 マキバスナイパー  牡6 57 左海 誠二  岡林 光浩  4人
3着 8枠 15番 ハギノハイグレイド 牡5 57 武  豊   松田 国英  3人





第4回 JBCクラシック (GⅠ)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2004.11. 3 晴 稍重 14頭→13頭(取消)

1着 5枠 07番 アドマイヤドン   牡5 57 安藤 勝己  松田 博資  1人
2着 4枠 06番 アジュディミツオー 牡3 55 内田 博幸  川島 正行  6人
3着 5枠 08番 タイムパラドックス 牡6 57 武  豊   松田 博資  3人





第7回 JBCクラシック (JpnI)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2007.10.31 曇 良  16頭

1着 3枠 06番 ヴァーミリアン   牡5 57 武  豊   石坂 正   2人
2着 6枠 12番 フリオーソ     牡3 55 内田 博幸  川島 正行  3人
3着 1枠 02番 サンライズバッカス 牡5 57 安藤 勝己  音無 秀孝  4人

4着 2枠 04番 ブルーコンコルド  牡7 57 幸  英明  服部 利之  1人




第14回 JBCクラシック (JpnI)■
盛岡競馬場 ダート2000メートル
2014.11. 3 曇 重  16頭

1着 8枠 15番 コパノリッキー   牡4 57 田辺 裕信  村山 明   3人
2着 3枠 06番 クリソライト    牡4 57 Cルメール  音無 秀孝  1人
3着 2枠 04番 ワンダーアキュート 牡8 57 武  豊   佐藤 正雄  2人







☆武豊騎手が3着以内。














考 察)


地方競馬の祭典であるJBC。

しかし、何故か今年は京都競馬場開催。



それなりの意味はあるのだろうと見て、

まずは、中央競馬ダートG1勝ち馬の出欠から考察をしました。




登録を見ると、昨年のチャンピオンズカップ1着馬ゴールドドリームは未登録、

本年度フェブラリーステークス1着馬ノンコノユメは登録をしています。



このままノンコノユメが出走してくれば、

上記4回と同じになります。



この4回の1着馬を見ていくと、

4頭とも本年度に地方競馬場でG1(JPN1)を勝っています。



今年の登録馬を見ていくと、

川崎記念を1着しているケイティブレイブのみ。




また上記4年のうち、

前年度フェブラリーS・ジャパンカップダート(チャンピオンズカップ)で、

同一馬(ウイングアロー)が勝っていたのが2001年。



今回の前年にあたる2017年は、

ゴールドドリームがフェブラリーS・チャンピオンズカップを1着し、

ウイングアローと同じく今回のJBCクラシック未出走。



同じ流れなので、2001年と同じことをしてくる可能性大。



2001年JBCクラシックの1着馬は、

川崎記念1着馬レギュラーメンバー。




今年の川崎記念1着馬はケイティブレーブ




ここからもケイティブレーブが出てくる以上、

今回の考察からは文句で1着候補は、







ケイティブレーブ








2着馬については、

当年ダートG1で1着歴(2頭)、または日本テレビ盃で連対歴(2頭)、

2つのうちどちらかなので、フェブラリーS1着歴のある、



ノンコノユメ





本年度日本テレビ盃2着、




アポロケンタッキー






上記2頭をこの考察からの2着候補とします。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年天皇賞(秋)結果

最終見解を書いてから5番人気がキセキに変わり、

発売締め切り寸前でダンビュライトが発走除外。



結果は、過去いないタイプとして切った2頭、

レイデオロ → サングレーザーで決着。



はぁ~、これをやられては私には手に負えません。




何か今年のG1はうまくいかんねぇ・・・。






次の土日はもう11月。



また一つ歳を重ねるのか。





競馬の経験は積み重ねられていくが、


競馬に対する情熱や向上心は、


明らかに下向きのベクトル。




時間であったり、

老眼であったり(最近急に競馬新聞の数字が良く見えない)、

体調であったり、



いろいろ原因はあるんだけど・・・。







今週は何故か中央で行われる、

地方競馬の祭典JBCの3競走。



今までにない事だけに予想は難しいねぇ。
















しかし、年々1年が早くなってくるなぁ。













参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年天皇賞(秋)最終見解

(1)前年度天皇賞(秋)・本年度天皇賞(春)、1・2・3着馬が全て未出走年の流れ。




第96回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1987.11. 1 曇 重  14頭

1着 3枠 04番 ニッポーテイオー  牡4 58 郷原 洋行  久保田金造  1人
2着 4枠 06番 レジェンドテイオー 牡4 58 蛯沢 誠治  田村 駿仁  6人
3着 1枠 01番 アサカツービート  牡6 58 安田 富男  元石 正雄 13人

8着 7枠 12番 ダイナアクトレス  牝4 56 岡部 幸雄  矢野 進   2人





第126回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
中山競馬場 芝2000メートル
2002.10.27 晴 良  18頭

1着 4枠 08番 シンボリクリスエス 牡3 56 岡部 幸雄  藤沢 和雄  3人
2着 1枠 01番 ナリタトップロード 牡6 58 四位 洋文  沖  芳夫  2人
3着 8枠 17番 サンライズペガサス 牡4 58 柴田 善臣  石坂 正   4人

13着5枠10番 テイエムオーシャン 牝4 56 本田 優   西浦 勝一  1人






☆表裏11番目が1着。









(2)13頭立ての天皇賞(秋)の流れ。

※データーは1984年以降です。





第98回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1988.10.30 晴 良  13頭

1着 6枠 09番 タマモクロス    牡4 58 南井 克巳  小原伊佐美  2人
2着 1枠 01番 オグリキャップ   牡3 56 河内 洋   瀬戸口 勉  1人
3着 8枠 12番 レジェンドテイオー 牡5 58 郷原 洋行  田村 駿仁  9人

4着 4枠 05番 ダイナアクトレス  牝5 56 岡部 幸雄  矢野 進   3人





第110回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1994.10.30 曇 良  13頭

1着 7枠 10番 ネーハイシーザー  牡4 58 塩村 克己  布施 正   3人
2着 1枠 01番 セキテイリュウオー 牡5 58 田中 勝春  藤原 敏文  8人
3着 4枠 04番 ロイスアンドロイス 牡4 58 横山 典弘  松山 康久 11人

5着 2枠 02番 ビワハヤヒデ    牡4 58 岡部 幸雄  浜田 光正  1人
8着 6枠 09番 ウイニングチケット 牡4 58 武  豊   伊藤 雄二  2人





第124回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2001.10.28 雨 重  13頭

1着 7枠 10番 アグネスデジタル  牡4 58 四位 洋文  白井 寿昭  4人
2着 5枠 06番 テイエムオペラオー 牡5 58 和田 竜二  岩元 市三  1人
3着 2枠 02番 メイショウドトウ  牡5 58 安田 康彦  安田伊佐夫  2人

7着 4枠 04番 ステイゴールド   牡7 58 武  豊   池江 泰郎  3人







☆前走重賞1着馬が1着。

☆1番人気馬は2着以下。










最終見解)



今回の天皇賞(秋)、

出走しているメンバーを見ていくと、





(1)毎日王冠の1着・2着馬が未出走。

(2)京都大賞典1着・2着・3着馬が未出走。

(3)当年天皇賞(春)1着・2着・3着馬が未出走。

(4)当年安田記念1着・2着馬が未出走。

(4)前年度天皇賞(秋)1着・2着・3着馬が未出走。





一見豪華そうに見えるが、

よく見ればあれもこれもいないメンバー構成。




ただ、考察をしていくとあちらを立てればこちらが立たずで、

頭数の割には絞りにくいメンバー。



今回は出してないデーターで、

9日目開催G1レースを見てみると、

2016年の天皇賞(秋)から1番人気馬が6連勝中。



ただし、今日のデーターを見る限り2着以下の

可能性も十分。


その辺を考えながらの見解。



考察を見る限り、

上位人気馬が1着をすると見る。


その中で札幌記念1着馬サングレーザーについては、

過去の札幌記念1着馬が天皇賞(秋)を勝った時は、

前年度天皇賞(秋)1着馬がいた時。


今回は前年度天皇賞(秋)1着馬がいないので、

1着鵜からはオミットとします。





次にオールカマー1着馬のレイデオロ。


1937年帝室御賞典で第1回天皇賞(秋)が始まって以来、

当年オールカマー1着馬、

当年天皇賞(秋)を1着馬をした事は無い。



今年になっていきなり変わるとも思えないので、

レイデオロも1着馬からはオミット。



そうなると残ってくるのは下記の3頭(人気順)、

スワーヴリチャード・マカヒキ・アルアイン。


この3頭のどれかが1着をすると見ます。




この3頭で順番をつけると、





昨日のスワンステークスが4年連続2番人気馬が1着。


天皇賞(秋)も、昨年まで3年連続1番人気馬が1着。



同じ流れが来ると見て、






◎(05)スワーヴリチャード







これをひっくり返すなら考察から、

5番人気馬・池江厩舎の、





○(07)アルアイン






今年が平成最後の天皇賞(秋)。


平成の始まりは武豊騎乗スーパークリーク。


ならば最後は武豊である事も十分で、




▲(06)マカヒキ






以下2着・3着候補として、


 

☆(04)レイデオロ

△(09)サングレーザー

×(12)サクラアンプルール


















参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年天皇賞(秋)考察3

◎天皇賞春秋連覇馬が出た翌年、天皇賞(秋)の流れ。




第100回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1989.10.29 晴 良  14頭

1着 8枠 14番 スーパークリーク  牡4 58 武  豊   伊藤 修司  2人
2着 3枠 04番 オグリキャップ   牡4 58 南井 克巳  瀬戸口 勉  1人
3着 4枠 05番 メジロアルダン   牡4 58 岡部 幸雄  奥平 真治  3人





第124回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2001.10.28 雨 重  13頭

1着 7枠 10番 アグネスデジタル  牡4 58 四位 洋文  白井 寿昭  4人
2着 5枠 06番 テイエムオペラオー 牡5 58 和田 竜二  岩元 市三  1人
3着 2枠 02番 メイショウドトウ  牡5 58 安田 康彦  安田伊佐夫  2人

7着 4枠 04番 ステイゴールド   牡7 58 武  豊   池江 泰郎  3人





第138回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2008.11. 2 晴 良  17頭


1着 7枠 14番 ウオッカ      牝4 56 武  豊   角居 勝彦  1人
2着 4枠 07番 ダイワスカーレット 牝4 56 安藤 勝己  松田 国英  2人
3着 1枠 02番 ディープスカイ   牡3 56 四位 洋文  昆  貢   3人







☆1番人気馬が2着以内。

☆1・2・3着馬は、4番人気以内。

☆G1馬で1着→2着。










考 察)


天皇賞春秋連覇した馬は、

タマモクロス・テイエムオペラオー・メイショウサムソンの3頭。



連覇した翌年を見ていくと、

上記のデーターを見る限り、

連覇翌年の天皇賞(秋)は、非常に固い決着で収まっている。




今年のように連覇した馬が出走していない1989年・2008年は、


4歳牡馬同士、


枠連1番人気で決着している(1989年は馬連の発売は無い)。




過去の2回を継続するのであれば、枠連4-4が有力であろう。

もしこれを崩すとしたら上記2回を勝っている武豊騎手。



具体的に馬名をあげれば、下記の3頭。


この3頭を今回考察からの1着候補とします。








・レイデオロ

・スワーヴリチャード

・マカヒキ













参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年天皇賞(秋)考察2

◎毎日王冠で牝馬が1着した年、天皇賞(秋)の流れ。


※赤文字毎日王冠1着馬







第96回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1987.11. 1 曇 重  14頭

1着 3枠 04番 ニッポーテイオー  牡4 58 郷原 洋行  久保田金造  1人
2着 4枠 06番 レジェンドテイオー 牡4 58 蛯沢 誠治  田村 駿仁  6人
3着 1枠 01番 アサカツービート  牡6 58 安田 富男  元石 正雄 13人

8着 7枠 12番 ダイナアクトレス  牝4 56 岡部 幸雄  矢野 進   2人





第108回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1993.10.31 晴 良  17頭

1着 4枠 08番 ヤマニンゼファー  牡5 58 柴田 善臣  栗田 博憲  5人
2着 1枠 02番 セキテイリュウオー 牡4 58 田中 勝春  藤原 敏文  6人
3着 6枠 12番 ウィッシュドリーム 牡4 58 藤田 伸二  坪  憲章  8人

未出走 → シンコウラブリイ 





第154回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2016.10.30 曇 良  15頭

1着 5枠 08番 モーリス      牡5 58 Rムーア   堀  宣行  1人
2着 7枠 12番 リアルスティール  牡4 58 Mデムーロ  矢作 芳人  7人
3着 8枠 14番 ステファノス    牡5 58 川田 将雅  藤原 英昭  6人
 
7着 5枠 09番 ルージュバック   牝4 56 戸崎 圭太  大竹 正博  3人









→ 当年安田記念連対馬が1着。

→ 4歳馬が2着。










考 察)


1984年以降、牝馬が毎日王冠を1着した事は上記の3回。


今年のように毎日王冠勝ち馬が出走してこなかったのが1993年のみ。


1993年は13頭立で、シンコウラブリイ(牝4歳)が1番人気で1着。


今年も13頭立てで、アエロリット(牝4歳)が1番人気で1着。



ここまで類似すれば、1993年をコピーする天皇賞(秋)と見たい。




1993年の1着馬はヤマニンゼファー。


戦歴を見ていくと、

500万→900万→1500万の条件戦勝ち上がり、

初重賞勝ちは安田記念。



前年度安田記念1着、

当年京王杯SC1着・安田記念1着馬。

天皇賞(秋)の前走は、毎日王冠を2番人気で6着。



今年の出走馬を見渡したが、

安田記念1着馬などヤマニンゼファーの歩んだ道を再現できる馬が見当たらない。


そうなると人か数字の再現。








人と見るなら、京王杯SC・安田記念を連勝したC.ルメール。


ルメール以外なら、安田記念2番人気・毎日王冠2番人気6着の池江厩舎。



ルメール騎乗  → レイデオロ

池江泰寿厩舎  → アルアイン






数字については、今の所は人気が分からないので割愛します。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年天皇賞(秋)考察1

◎当年毎日王冠1着馬・京都大賞典1着馬が揃って未出走、  天皇賞(秋)の流れ。


※データーは、グレード制が導入された1984年以降です。

※青文字馬は、オールカマー1着馬です。





第108回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1993.10.31 晴 良  17頭

1着 4枠 08番 ヤマニンゼファー  牡5 58 柴田 善臣  栗田 博憲  5人
2着 1枠 02番 セキテイリュウオー 牡4 58 田中 勝春  藤原 敏文  6人
3着 6枠 12番 ウィッシュドリーム 牡4 58 藤田 伸二  坪  憲章  8人

17着2枠03番 ツインターボ    牡5 58 中舘 英二  笹倉 武久  3人





第128回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2003.11. 2 晴 良  18頭

1着 8枠 18番 シンボリクリスエス 牡4 58 Oペリエ   藤沢 和雄  1人
2着 4枠 07番 ツルマルボーイ   牡5 58 横山 典弘  橋口弘次郎  5人
3着 2枠 04番 テンザンセイザ   牡5 58 藤田 伸二  藤原 英昭 10人





第138回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2008.11. 2 晴 良  17頭

1着 7枠 14番 ウオッカ      牝4 56 武  豊   角居 勝彦  1人
2着 4枠 07番 ダイワスカーレット 牝4 56 安藤 勝己  松田 国英  2人
3着 1枠 02番 ディープスカイ   牡3 56 四位 洋文  昆  貢   3人





第150回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2014.11. 2 晴 良  18頭

1着 2枠 04番 スピルバーグ    牡5 58 北村 宏司  藤沢 和雄  5人
2着 1枠 01番 ジェンティルドンナ 牝5 56 戸崎 圭太  石坂 正   2人
3着 7枠 15番 イスラボニータ   牡3 56 Cルメール  栗田 博憲  1人

11着8枠18番 マイネルラクリマ  牡6 58 柴田 大知  上原 博之 13人








→1番人気の4歳馬か5番人気の5歳馬が1着。









考 察) 


グレード制導入後、毎日王冠・京都大賞典1着馬が揃って出走しなかったのは、

1993・2003・2008・2014年の4回。



この4年勝ち馬を見ていくとパターンは2つ(それぞれ2勝ずつ)。





(1)

・天皇賞(秋)1番人気

・4歳牡馬

・古馬G1レース1着歴






(2)

・天皇賞(秋)5番人気

・5歳牡馬

・条件戦(1000万・1600万)で1着歴のある馬







今年このどちらかの条件に合致しそうな馬は、




スワーヴリチャード





単純に考えればこの馬が一押しだが、

ちょっと気になるにが、

オールカマー1着馬レイデオロが出走を構えている事。




上記のデーターを見てもらえば一目瞭然で、

オールカマー1着馬が出走していない年しか

4歳1番人気が勝っていない。






本来であればパターン(2)に合致馬がいれば、

この項目からの最有力馬だが、

今年はいない。






そうなると今回パターン(2)のタイプを1着馬として使うなら、

先週の菊花賞と同じでどれかの項目を引き継ぎ、

どれかの項目を捨てて新しいタイプの馬を出すであろう。






5歳牡馬であれば、マカヒキ・ミッキーロケット。


5番人気馬であれば、予想オッズではアルアイン。


条件勝ちなら、サクラアンプルール・サングレーザー・ブラックムーン。





今の時点ではどれか決めかねるが・・・。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年菊花賞結果

今回の菊花賞。


かなり色々考えてみたが、

どこまで行っても答えが出なかったというところが本音である。









3歳クラシックの流れを見ていると、

今までにないタイプか数十年ぶりと言うタイプと思いはしたが、

フィエールマンまで導くことはさすがに難しい。




このレースを的中させている人はすごいと思います。



ただ、何でこんなに配当が安いんだろう・・・。

騎手で買って的中した人が多かったのかなぁ。


ルメール→デムーロ→武豊で3連単10万は美味しいと言えば美味しいが・・・。




ぼやいていてもしょうがないので、

気持ちを切り替えていきます。



今秋からは古馬の戦い。

やり返してやる気持ちで一杯です。





参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年菊花賞見解


◎皐月賞1着馬出走・2着馬未出走、ダービー1着馬未出走・2着馬出走年の流れ。


※赤文字馬→皐月賞馬

※青文字馬→ダービー2着馬




第46回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
1985.11.10 晴 稍重 18頭

1着 6枠 12番 ミホシンザン    牡3 57 柴田 政人  田中朋次郎  1人
2着 5枠 11番 スダホーク     牡3 57 田原 成貴  古山 良司  2人
3着 7枠 15番 サクラサニーオー  牡3 57 東  信二  境 勝太郎  5人


※ミホシンザンは単枠指定です。





第77回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2016.10.23 曇 良  18頭

1着 2枠 03番 サトノダイヤモンド 牡3 57 Cルメール  池江 泰寿  1人
2着 6枠 11番 レインボーライン  牡3 57 福永 祐一  浅見 秀一  9人
3着 7枠 13番 エアスピネル    牡3 57 武  豊   笹田 和秀  6人

4着 3枠 06番 ディーマジェスティ 牡3 57 蛯名 正義  二ノ宮敬宇  2人













最 終 見 解)



ダービー1着馬が神戸新聞杯を1着しながら菊花賞に出走しなかった年は、

考察3を見てもらえば分かりますが、2004・2008・2017年の3回。




1番人気馬が2回も勝ちながら、3回とも馬連万馬券決着。







また、今回のような皐月賞・ダービー連対馬が出走したメンバー構成(今回のデーター参照)の時は、



・皐月賞1番人気馬

・菊花賞トライアル1番人気1着

・菊花賞1番人気



この3つを併せ持った馬が2回とも1着している。





ただし、今年の出走馬に3項目を満たす馬はいない。





今年の3歳牡馬クラシック1着馬を見ると、

グレード制定以降(1984年)初の

皐月賞 → スプリングステークス2着馬。




皐月賞7着 → ダービー1着は、

1987年メリーナイス以来34年ぶり。









この3つの事及び考察を鑑みると、


出走馬の構成・1番人気・菊花賞トライアル(セントライト記念含む)、


枠として考えると2枠が1番良く見えるので、


◎(03)ブラストワンピース

○(04)ジェネラーレウーノ



この2頭をひっくり返すとしたら、

秋華賞が去年と同じ騎手であったので、



▲(09)エタリオウ





2.3着候補については、


☆(05)エポカドーロ

△(16)ステイフーリッシュ

×(13)タイムフライヤー






はぁ~、どれだけ考えても良く分かりません。

本当に頭が痛くなっています。






参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト




























2018年菊花賞枠順 決定

2018年菊花賞枠順



1枠01 アイトーン    (牡3、国分 恭介・五十嵐忠男)
1枠02 グレイル     (牡3、岩田 康誠・野中 賢二)


2枠03 ブラストワンピース(牡3、池添 謙一・大竹 正博)
2枠04 ジェネラーレウーノ(牡3、田辺 裕信・矢野 英一)


3枠05 エポカドーロ   (牡3、戸崎 圭太・藤原 英昭)
3枠06 メイショウテッコン(牡3、松山 弘平・高橋 義忠)


4枠07 ユーキャンスマイル(牡3、武  豊 ・友道 康夫)
4枠08 カフジバンガード (牡3、幸  英明・松元 茂樹)


5枠09 エタリオウ    (牡3、Mデムーロ・友道 康夫)
5枠10 アフリカンゴールド(牡3、松若 風馬・西園 正都)


6枠11 コズミックフォース(牡3、浜中 俊 ・国枝 栄 )
6枠12 フィエールマン  (牡3、Cルメール・手塚 貴久)


7枠13 タイムフライヤー (牡3、和田 竜二・松田 国英)
7枠14 グロンディオーズ (牡3、Jモレイラ・田村 康仁)
7枠15 オウケンムーン  (牡3、北村 宏司・国枝 栄 )


8枠16 ステイフーリッシュ(牡3、藤岡 佑介・矢 作芳人)
8枠17 シャルドネゴールド(牡3、藤岡 康太・池江 泰寿)
8枠18 グローリーヴェイズ(牡3、福永 祐一・尾関 知人)







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年菊花賞考察3

◎神戸新聞杯1着馬が菊花賞に未出走年の流れ。

※データーは、今のレース体系になった2000年以降です。


※赤文字は、ダービー馬不在のレースです。

太文字は、ダービー馬が神戸新聞杯を勝った年です。





第61回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2000.10.22 晴 良  18頭

1着 7枠 15番 エアシャカール   牡3 57 武  豊   森  秀行  2人
2着 7枠 13番 トーホウシデン   牡3 57 田中 勝春  田中 清隆  3人
3着 1枠 01番 エリモブライアン  牡3 57 藤田 伸二  清水 出美  8人

5着 3枠 06番 アグネスフライト  牡3 57 河内 洋   長浜 博之  1人





第63回 菊花賞 (GⅠ)
京都競馬場 芝3000メートル
2002.10.20 雨 良  18頭

1着 1枠 02番 ヒシミラクル    牡3 57 角田 晃一  佐山 優  10人
2着 4枠 07番 ファストタテヤマ  牡3 57 安田 康彦  安田伊佐夫 16人
3着 7枠 14番 メガスターダム   牡3 57 松永 幹夫  山本 正司  3人

11着8枠18番 アドマイヤマックス 牡3 57 後藤 浩輝  橋田 満   2人
落馬3枠06番 ノーリーズン     牡3 57 武  豊   池江 泰郎  1人





第65回 菊花賞 (GⅠ)
京都競馬場 芝3000メートル
2004.10.24 晴 良  18頭

1着 8枠 18番 デルタブルース   牡3 57 岩田 康誠  角居 勝彦  8人
2着 3枠 05番 ホオキパウェーブ  牡3 57 横山 典弘  二ノ宮敬宇  4人
3着 1枠 01番 オペラシチー    牡3 57 佐藤 哲三  佐々木晶三  6人

4着 7枠 15番 コスモバルク    牡3 57 五十嵐冬樹  田部 和則  2人
7着 5枠 10番 ハーツクライ    牡3 57 武  豊   橋口弘次郎  1人





第69回 菊花賞 (JpnI)
京都競馬場 芝3000メートル
2008.10.26 曇 良  18頭

1着 7枠 14番 オウケンブルースリ 牡3 57 内田 博幸  音無 秀孝  1人
2着 1枠 01番 フローテーション  牡3 57 藤岡 佑介  橋口弘次郎 15人
3着 3枠 05番 ナムラクレセント  牡3 57 和田 竜二  福島 信晴  9人

5着 5枠 09番 マイネルチャールズ 牡3 57 松岡 正海  稲葉 隆一  2人





第78回 菊花賞 (GⅠ)
京都競馬場 芝3000メートル
2017.10.22 雨 不良 18頭

1着 7枠 13番 キセキ       牡3 57 Mデムーロ  角居 勝彦  1人
2着 2枠 04番 クリンチャー    牡3 57 藤岡 佑介  宮本 博  10人
3着 7枠 14番 ポポカテペトル   牡3 57 和田 竜二  友道 康夫 13人

7着 8枠 16番 アルアイン     牡3 57 Cルメール  池江 泰寿  2人









考 察)


菊花賞トライアルである神戸新聞杯。


今のレース体系になった2000年以降で、

1着馬が菊花賞に出走しなかったのが上記の5回。



この中で皐月賞馬が菊花賞で1着したのは、

2000年の1回のみ。


この年は上記5年で唯一ダービー馬が出走した年。


今年はダービー馬が出走していないので、

皐月賞馬エポカドーロを1着で買う要素は無い。




では、ダービー馬が出てこなかった4年はどうだろう?



勝ち馬4頭を見ていくと、



☆皐月賞・ダービーの出走歴がない。

☆1000万下特別戦を1番人気で1着をしている。




この2項目を4頭とも満たしている。



もう少し深く見ていくと、

夏季番組で勝ち上がった組は、

神戸新聞杯で3着までに入り(菊花賞優先出走権発生)、

菊花賞で1番人気を獲得している。



秋季番組で勝ちあげった組は、

菊花賞優先出走権を持っていない。





今年の出走するメンバーで、

このどちらかの条件に一致する馬はただ一頭。









5枠10番アフリカンゴールド





よって、この馬をこの考察からの推奨馬とします。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーリンク