FC2ブログ

せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

月別アーカイブ:2019年02月

2019年フェブラリーステークス見解

(1)フルゲート割れのフェブラリーステークスの流れ。



第22回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2005. 2.20 小雨 不良 15頭

1着 8枠 14番 メイショウボーラー  牡4 57  福永 祐一  白井 寿昭  1人
2着 4枠 07番 シーキングザダイヤ  牡4 57  Oペリエ   森  秀行  5人
3着 6枠 10番 ヒシアトラス     牡5 57  蛯名 正義  中野 隆良  6人
4着 4枠 06番 タイムパラドックス  牡7 57  武  豊   松田 博資  4人
5着 2枠 03番 アドマイヤドン    牡6 57  安藤 勝己  松田 博資  2人
15着5枠09番 ユートピア      牡5 57  横山 典弘  橋口弘次郎  3人









(2)カペラS→根岸S連勝馬が出た年の流れ。

※青文字は、カペラS→根岸S連勝馬。



第28回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2011. 2.20 曇 良  16頭

1着 6枠 12番 トランセンド     牡5 57  藤田 伸二  安田 隆行  1人
2着 7枠 13番 フリオーソ      牡7 57  Mデムーロ  川島 正行  3人
3着 3枠 05番 バーディバーディ   牡4 57  池添 謙一  池江 泰郎  4人
4着 4枠 07番 ダノンカモン     牡5 57  Uリスポリ  池江 泰寿  5人
14着7枠14番 セイクリムズン    牡5 57  幸  英明  服部 利之  2人









見 解)


過去フルゲート割れ・カペラS→根岸S連勝馬が出た年は、

各々1回ずつあり上記の結果。


結果を見ると2回とも1番人気馬が1着。


考察(2)を含め、ここも1番人気馬が最有力と見て、





◎(06)インティ









インティを1着と見た場合を含め2着候補は、

東京大賞典か川崎記念で馬券になった馬と見る。



考察からインティに多少は不発の不安もあるので、

1着の可能性ある馬を2番手と考えて、





○(14)オメガパヒューム





三番手は、1着か不発かの馬と捉えて、




▲(10)サンライズソア








☆は、考察からも2着・3着は外さないと見て、





☆(03)ゴールドドリーム








3着候補は考察から、




△(01)クインズサターン

×(09)ワンダーリーデル





参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2019年フェブラリーステークス考察2

◎前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)、
 1着馬未出走・3着馬が出走した年の流れ。


※青文字は、前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)3着馬。






第24回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2007. 2.18 晴 不良 16頭

1着 6枠 12番 サンライズバッカス  牡5 57  安藤 勝己  音無 秀孝  3人
2着 4枠 07番 ブルーコンコルド   牡7 57  幸  英明  服部 利之  2人
3着 8枠 15番 ビッググラス     牡6 57  村田 一誠  中尾 秀正  9人
5着 4枠 08番 フィールドルージュ  牡5 57  Cルメール  西園 正都  6人
9着 2枠 04番 シーキングザダイヤ  牡6 57  武  豊   森  秀行  1人







第32回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2015. 2.22 曇 良  16頭

1着 2枠 04番 コパノリッキー    牡5 57  武  豊   村山 明   1人
2着 7枠 14番 インカンテーション  牡5 57  内田 博幸  羽月 友彦  5人
3着 5枠 10番 ベストウォーリア   牡5 57  戸崎 圭太  石坂 正   3人
5着 1枠 01番 ローマンレジェンド  牡7 57  岩田 康誠  藤原 英昭  4人
6着 6枠 11番 ワイドバッハ     牡6 57  蛯名 正義  庄野 靖志  2人






→前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)3着馬の7つ及び9つ横が3着。













考 察)


2000年にジャパンカップダートが始まって以降、

前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)1着馬が、

フェブラリーステークスに出走してこなかったのは6回あり、

その内3着馬が出走してきたのが上記2回。



この2回を見ていくと、

前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)3着馬は、

2頭とも5着。



ここから考えると、サンライズソアから馬券は買えない。


ただしサインにはなっていて、7つ及び9つ横が3着。



今回の対象は、



7つ横・・・ゴールドドリーム

9つ横・・・クインズサターン
      サクセスエナジー








またこの2年を見ると、1番人気は両レースとも武豊騎手。

方や1着で方や9着と馬場掃除。



今回の1番人気も武豊騎手騎乗のインティ。



コパノリッキー型(東海ステークス1番人気1着)と見るなら、

インティが文句なしに1着だろう。




サンライズバッカス型と見るなら、

チャンピオンズカップ5着のオメガパフュームか、

フェブラリーステークス3番人気馬だろう。





参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

2019年フェブラリーステークス考察1

◎前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)で、
 3歳馬が1着をした年の流れ。


※赤文字は、前年度チャンピオンズカップ(旧JCダート)1着馬







第19回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2002. 2.17 曇 良  16頭

1着 5枠 09番 アグネスデジタル   牡5 57  四位 洋文  白井 寿昭  1人
2着 6枠 12番 トーシンブリザード  牡4 57  石崎 隆之  佐藤 賢二  4人
3着 1枠 02番 ノボトゥルー     牡6 57  Oペリエ   森  秀行  2人
4着 2枠 03番 トゥザヴィクトリー  牝6 55  武  豊   池江 泰郎  3人
9着 4枠 07番 ウイングアロー    牡7 57  岡部 幸雄  南井 克巳  5人

※JCダート1着馬クロフネ → 未出走





第23回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2006. 2.19 曇 良 16頭

1着 7枠 14番 カネヒキリ      牡4 57  武  豊   角居 勝彦  1人
2着 5枠 09番 シーキングザダイヤ  牡5 57  Oペリエ   森  秀行  2人
3着 2枠 03番 ユートピア      牡6 57  安藤 勝己  橋口弘次郎 11人
4着 6枠 11番 ブルーコンコルド   牡6 57  幸  英明  服部 利之  4人
5着 4枠 08番 ヴァーミリアン    牡4 57  Cルメール  石坂 正   3人
7着 4枠 07番 アジュディミツオー  牡5 57  内田 博幸  川島 正行  5人





第24回 フェブラリーステークス (GⅠ)■
東京競馬場 ダート1600メートル
2007. 2.18 晴 不良 16頭

1着 6枠 12番 サンライズバッカス  牡5 57  安藤 勝己  音無 秀孝  3人
2着 4枠 07番 ブルーコンコルド   牡7 57  幸  英明  服部 利之  2人
3着 8枠 15番 ビッググラス     牡6 57  村田 一誠  中尾 秀正  9人
6着 5枠 10番 シーキングザベスト  牡6 57  福永 祐一  森  秀行  5人
9着 2枠 04番 シーキングザダイヤ  牡6 57  武  豊   森  秀行  1人
11着3枠06番 メイショウトウコン  牡5 57  武 幸四郎  安田伊佐夫  4人

※JCダート1着馬アロンダイト → 未出走









→2番人気馬が3着以内。









考 察)



2000年にジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)を制定以降、

19年間で3歳馬が制覇したのは4回。


翌年のフェブラリーに駒を進めたのは2006年のカネヒキリのみ。

他の3頭はルヴァンスレーヴを含め、全て故障でリタイア。

3歳馬にとっては厳しレースのようです。



チャンピオンズカップの話をこれ以上してもしょうがないので、

ここからフェブラリーステークスを検討していきます。


まず過去3頭の1着馬を見ていくと、

1つだけ同じ戦歴が見られます。


今回と同じ舞台である武蔵野ステークスを3歳馬で3頭とも連対しています。

今年の登録馬を見てみると対象は3頭。




・ゴールドドリーム

・サンライズソア

・ノンコノユメ





この中でどれが良いかと考えた場合、

カネヒキリが勝った以外の2年を見ていくと、

2回とも5歳馬が1着をしているので、



・サンライズソア



をこの考察からの1着候補1番手とします。






次に2着馬を見ていきます。


過去の3頭の2着馬を見ていくと、

3頭とも前年度東京大賞典で3番人気3着以内の馬。



今回の対象になるには下記の2頭。




・オメガパフューム

・ゴールドドリーム





この2頭をこの考察からの2着候補とします。







最後に3着候補。


過去の3頭は、戦歴等に関係なく3頭とも6歳馬なので、




・ヴェンジェンス

・クインズサターン

・ゴールドドリーム

・ナムラミラクル

・ワンダーリーデル






上記5頭(2着馬と重複あり)をこの考察からの3着候補とします。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします







スポンサーリンク