甘酒は大きく分けて2種類存在します。

それぞれ特徴がありますので、ちょっとだけ説明していきます。

一つは、酒粕ベースの甘酒

酒粕とは、こうじを醗酵熟成させ日本酒等を精製した際に残る固形の副産物で、お酒を造る時に、お米と水を合わせて発酵させるのですが、その上澄み液が日本酒で、残った白色の固形物が酒粕です。

醸造メーカーからすれば、お酒を作る度に発生する酒粕に砂糖等で甘味を付けることにより、酒粕を産業廃棄物として処分することなく非常に安価な甘酒として販売することができます。



まずは、この酒粕で作る甘酒の特徴を上げていきます。

こちらは甘味の主成分がショ糖で、それ以外の特徴は、



良い特徴

・安く作れる
・食物繊維が豊富
・ビタミンが豊富


悪い特徴

・アルコールが残っている
・日本酒精製の際にお米を絞るのでミネラル分が減っている
・糖類を加える為、カロリーが高い




もう一つは、こうじベースの甘酒

こうじと蒸したお米のみを醗酵熟成させ、こうじの消化酵素によりお米のでんぷんがブドウ糖に分解されたものを言います。
甘味の主成分がショ糖ではなくブドウ糖なので飲む点滴とも言われています。

こちらの甘みの主成分は当然ながらブドウ糖で、

それ以外の特徴を見ていくと、


良い特徴

・アルコール分は完全にゼロ
・お米のミネラル分がそのまま残っている
・糖類を使わないのでカロリーが低い


悪い特徴

・こうじとお米のみで作るので割高
・食物繊維が少ない
・糖化させるためには温度管理と時間が必要なため作るのが少々手間がかかる




上記のように2種類ある甘酒ですが、近年注目されているのは米麹から作ったタイプの甘酒で、昔からある伝統的な甘酒です。

この甘酒はノンアルコールなので、お子様妊婦さん授乳中のお母さん安心して飲めます。

また、米麹が持つ分解酵素の働きでお米に含まれるデンプンが糖化されるため、砂糖を使っていないのに甘さを感じます。

実際飲んでみた(中埜酒造の甘酒)感想は、癖のない自然な甘みが特徴で、優しさを感じる味でした。

それ以外にもビタミンB1・B2・B6・ブドウ糖など、栄養剤として使われている点滴の栄養素とほぼ同一の内容である事から飲む点滴と言われるぐらい栄養満点であり、便秘解消や美肌効果も期待できるそうです。


そんな米麹から作った甘酒ですが、森永製菓・マルコメ・大関のような全国展開しているようなメーカーから地方の酒蔵まで結構いろんなメーカーが商品を出しています。

米麹甘酒1つでこんなに商品が出ている理由は、各メーカの持っている米麹の違いで味に違いが出るためと思われます。

この辺りは日本酒とにていますねぇ。



ここまで商品があると好みはかなり別れそうですが、楽天・Amazonの売れ筋を見ていくと、


・マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml

・ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml

・八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g


この3つが米麹甘酒の商品です。



スポンサーリンク