見 解)

枠順発表を見て5番(考察2参照)にラッキーライラックが入った以上、

2着以内は大丈夫と見て逆らう余地はない。


そうなるとラッキーライラックを逆転する馬がいるかどうかだが、

出走馬から見て可能性があるとしたら、

マウレア・シグナライズ・リリーノーブルの3頭だが、

考察を見ていく限りは(09)リリーノーブルしかいない。



その事を含めどの年を見本と考えるだが、

マウレアのようにクイーンCで1番人気を背負ってチューリップ賞に出走したのは、

2015年の1回のみ。


また、今回のように10頭立てになったのは1997年のみ。


わざわざこんな馬を出してきてこの頭数にした以上は、

この2年の影響を受けると見る。


2015年の1着馬はココロノアイ。


戦歴は、アルテミスS 1着→阪神JF3着。


ここが起用されるならラッキーライラック。



10頭立ての1997年の1着馬はオレンジピール。

チューリップ賞でゼッケン09番を背負って2番人気。


これを起用するならリリーノーブル。




どちらに◎を打つか迷うとこなんだけど(本音は両頭◎)、


05番が連対を外さないと見ている以上、



◎(05)ラッキーライラック




相手は、2015年の2着馬を見ていくと川田騎手なので、

今回も川田騎手が騎乗するリリーノーブルが有力と見て、


○(09)リリーノーブル





3着候補については考察でピックアップした年度から考えて、



△(04)マウレア

△(08)シグナライズ









参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

スポンサーリンク