◎同一年で天皇賞春秋連覇した馬が出た翌年の流れ。



1988年・・・タマモクロス

1999年・・・スペシャルウィーク

2000年・・・テイエムオペラオー

2007年・・・メイショウサムソン




第99回 天皇賞(春) (GⅠ)■
京都競馬場 芝3200メートル
1989. 4.29 晴 良  18頭

1着 1枠 01番 イナリワン     牡5 58  武  豊   鈴木 清  4人
2着 7枠 13番 ミスターシクレノン 牡4 58  河内 洋   小林 稔 16人
3着 2枠 04番 スルーオダイナ   牡5 58  岡部 幸雄  矢野 進  1人





第121回 天皇賞(春) (GⅠ)■
京都競馬場 芝3200メートル
2000. 4.30 曇 良  12頭

1着 5枠 05番 テイエムオペラオー 牡4 58  和田 竜二  岩元 市三  1人
2着 2枠 02番 ラスカルスズカ   牡4 58  武  豊   橋田 満   3人
3着 8枠 11番 ナリタトップロード 牡4 58  渡辺 薫彦  沖  芳夫  2人





第123回 天皇賞(春) (GⅠ)■
京都競馬場 芝3200メートル
2001. 4.29 雨 良  12頭

1着 1枠 01番 テイエムオペラオー 牡5 58  和田 竜二  岩元 市三  1人
2着 5枠 05番 メイショウドトウ  牡5 58  安田 康彦  安田伊佐夫  3人
3着 8枠 12番 ナリタトップロード 牡5 58  渡辺 薫彦  沖  芳夫  2人





第137回 天皇賞(春) (GⅠ)■
京都競馬場 芝3200メートル
2008. 5. 4 晴 良  14頭

1着 8枠 14番 アドマイヤジュピタ 牡5 58  岩田 康誠  友道 康夫  3人
2着 5枠 08番 メイショウサムソン 牡5 58  武  豊   高橋 成忠  2人
3着 8枠 13番 アサクサキングス  牡4 58  四位 洋文  大久保龍志  1人







※1番人気馬は3着以内。

※3番人気馬の枠はは2着以内










考 察)



同一年で天皇賞春秋連覇が出たのは上記4回。



その翌年の結果を枠連で見れば、


1989年・・・単勝4番人気馬枠→単勝3番人気馬枠単勝1番人気馬枠

2000年・・・単勝1番人気馬枠単勝3番人気馬枠単勝2番人気馬枠

2001年・・・単勝1番人気馬枠単勝3番人気馬枠単勝2番人気馬枠

2008年・・・単勝3番人気馬枠単勝2番人気馬枠単勝1番人気馬枠



4回とも単勝4番人気馬までの枠で1~3着までを締めている。



また3着馬までの年齢を見ていくと、

4歳・5歳馬のみで決着している。


今年の1番人気馬は(予想オッズから)、

6歳馬のシュヴァルグラン。


1番人気馬は3着以内と相反するデーター。


他の考察と合わせながら検討していく必要がありそう。




あともう少し細かい所から考察をしていくと、

出走頭数によって傾向が出ています。



出走頭数がフルゲート割れの時は、

1~3番人気馬で3着まで決着。


今年は登録頭数が17頭なので、フルゲート割れ確定。


この面からこの考察をとらえれば今回は、

1~3番人気馬までで決着します。




あと天皇賞春秋連覇馬が、

今回のレースに出走か未出走かで見ていきます。


出走している年は、

天皇賞春秋連覇馬 ⇔ 3番人気馬(ステップ競争1着馬)

で決着しているが、

今年は残念なが出走していない年。



そうなると、出走していない1989年・2000年を見ていく必要あり。



この2年の共通要素を見ていくと、


・前年度天皇賞(春)未出走

・前走阪神大賞典出走



この2つが重なっている。


この項目を今回クリアーするのが4頭。



4頭で今日の考察の流れ(年齢)から考えて、

ピックアップ出来るのは下記の2頭。



☆クリンチャー

☆サトノクロニクル




この2頭を考察2の1着候補とします。




















参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

スポンサーリンク