◎アーリントンカップ1~3着馬がNHKマイルカップに揃って出走した年の流れ。





第8回 NHKマイルカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝1600メートル
2003. 5.11 小雨 良  18頭

1着 8枠 16番 ウインクリューガー 牡3 57  武 幸四郎  松元 茂樹  9人
2着 2枠 03番 エイシンツルギザン 牡3 57  横山 典弘  藤原 英昭  5人
3着 5枠 09番 マイネルモルゲン  牡3 57  柴田 善臣  堀井 雅広  6人

11着6枠12番 ゴールデンキャスト 牡3 57  武  豊   橋口弘次郎  1人
18着3枠06番 コルプレイス    牡3 57  松永 幹夫  松田 国英 13人
13着1枠01番 ニシノシタン    牡3 57  吉田 豊   浅野洋一郎 11人





第10回 NHKマイルカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝1600メートル
2005. 5. 8 曇 良  18頭

1着 6枠 12番 ラインクラフト   牝3 55  福永 祐一  瀬戸口 勉  2人
2着 7枠 13番 デアリングハート  牝3 55  後藤 浩輝  藤原 英昭 10人
3着 2枠 04番 アイルラヴァゲイン 牡3 57  横山 典弘  手塚 貴久  4人

4着 1枠 02番 ペールギュント   牡3 57  武  豊   橋口弘次郎  1人
7着 7枠 14番 ビッグプラネット  牡3 57  蛯名 正義  南井 克巳  5人
5着 2枠 03番 セイウンニムカウ  牡3 57  安藤 勝己  上原 博之  6人
16着8枠18番 インプレッション  牡3 57  松永 幹夫  沖  芳夫  7人





第13回 NHKマイルカップ (JpnI)■
東京競馬場 芝1600メートル
2008. 5.11 曇 稍重 18頭

1着 5枠 09番 ディープスカイ   牡3 57  四位 洋文  昆  貢   1人
2着 3枠 05番 ブラックシェル   牡3 57  後藤 浩輝  松田 国英  3人
3着 7枠 14番 ダノンゴーゴー   牡3 57  藤岡 佑介  橋口弘次郎 14人

17着8枠18番 ダンツキッスイ   牡3 57  藤田 伸二  橋本 寿正 10人
10着8枠16番 エーシンフォワード 牡3 57  福永 祐一  西園 正都  7人







第20回 NHKマイルカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝1600メートル
2015. 5.10 晴 良  18頭

1着 4枠 07番 クラリティスカイ  牡3 57  横山 典弘  友道 康夫  3人
2着 5枠 09番 アルビアーノ    牝3 55  柴山 雄一  木村 哲也  4人
3着 6枠 12番 ミュゼスルタン   牡3 57  柴田 善臣  大江原 哲  2人

5着 1枠 02番 グランシルク    牡3 57  戸崎 圭太  戸田 博文  1人
6着 7枠 14番 ヤングマンパワー  牡3 57  松岡 正海  手塚 貴久 10人
9着 5枠 10番 アルマワイオリ   牡3 57  勝浦 正樹  西浦 勝一  6人
17着8枠18番 マテンロウハピネス 牡3 57  浜中 俊   昆  貢  12人







※赤文字アーリントンカップ1着馬
※青文字アーリントンカップ2着馬
※緑文字アーリントンカップ3着馬









考 察)


今年から1着~3着馬に、

NHKマイルカップの優先出走権が付くことになったアリントンカップ。


変化があった年はその部分が使われることが多いので、

今年のNHKマイルカップを予想をしてく上で重要なレースだと思います。


過去の勝ち馬を見ていくと、

NHKマイルカップ1着馬はすでに2頭(ウインクリューガー・ミッキーアイル)出ています。



他にG1ホースだけを見ても、

エイシンプレストン・タニノギムレット・ジャスタウェイ

・コパノリチャード・レインボーライン・ペルシアンナイト、

6頭も出ています。



ここの勝ち馬は出世していく傾向があるので、

NHKマイルカップが終わっても注意していく必要はありそうです。



そのあたりを踏まえつつ、考察に入っていきます。


今回のようにアリントンカップ1着・2着・3着が揃って出走するのは、

NHKマイルカップが始まって以降上記の4回。


ステップ競争等はバラバラでこれと言ってと特徴は無いが、

下記の二つの事項は共通して持っていた。




・オープン勝ち以上の戦歴がある。

・1600m(芝)重賞で3着以上の戦歴がある。





この二つの事項を今回持っている馬は下記の4頭。


(01)カツジ

(03)テトラドラクマ

(04)プリモシーン

(07)タワーオブロンドン






この4頭を今回の考察からの1着候補とします。










参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします


スポンサーリンク