最終見解)

2000年から今の時期施行になって以降、連覇したのは2012年・2013年のロードカナロアのみ。

ロードカナロアが連覇したのが9日目開催であった事を考えれば、⑧レッドファルクスも十分可能性はあるだろう。

5回考察も行ったが1番人気馬はかなり有力であり、連対は外さないとみてこの馬に◎。


相手は考察から考えていくと、①スノードラゴン・②レッツゴードンキ・③セイウンコウセイ・⑦ダイアナヘイロー・⑨メラグラーナ・⑮シュウジが有力。

どの項目を優先に考えるかだが、考察①を優先して2番人気馬である③セイウンコウセイに○。

▲は、4回目の考察の時書かなかったが、2着馬の循環ゲートを見ていくと対象になり、◎のゾロ目にあたることから⑦ダイアナヘイロー。

☆は、◎の対極馬番にあたり、本年度1200㍍重賞勝ち⑨メラグラーナ。

△は、G1ホースであり高松宮記念2着馬であるので②レッツゴードンキ。

✖は、G1ホースでありながら16番人気と馬鹿にされている①スノードラゴン。


◎⑧レッドファルクス
○③セイウンコウセイ
▲⑦ダイアナヘイロー
☆⑨メラグラーナ
△②レッツゴードンキ
×①スノードラゴン



スポンサーリンク