◎スプリングステークス2着馬が皐月賞を勝った年の流れ。


注意・・・1959年は今と違い枠連6枠制です。


第26回 東京優駿(日本ダービー) ■
東京競馬場 芝2400メートル
1959. 5.24 雨 不良 25頭

1着 3枠 11番 コマツヒカリ    牡3 57  古山 良司  大久保房松  3人
2着 1枠 02番 カネチカラ     牡3 57  森安 弘明  阿部正太郎  8人
3着 1枠 04番 メイタイ      牡3 57  八木沢勝美  尾形 藤吉  1人

15着5枠18番 ウイルデイール   牡3 57  渡辺 正人  星川 泉士  2人
8着 6枠 25番 アステオー     牡3 57  山岡 忞   中村 広   5人




第47回 東京優駿(日本ダービー)■
東京競馬場 芝2400メートル
1980. 5.25 曇 良 28頭→27頭(出走取消)

1着 2枠 04番 オペックホース   牡3 57  郷原 洋行  佐藤 勇   2人
2着 5枠 13番 モンテプリンス   牡3 57  吉永 正人  松山吉三郎  1人
3着 4枠 10番 テイオージャ    牡3 57  蓑田 早人  森安 弘昭  4人

14着 5枠 15番 ハワイアンイメージ 牡3 57 増沢末夫 鈴木勝太郎 アタマ 6人
皐月賞3着馬ハワイアンジュエル 未出走





☆表裏165番目が1着

☆皐月賞2着馬が3着以内

☆1番人気が3着以内











考 察)


1952年にスプリングステークスが始まって今年で67回、

そのうちスプリングステークス2着馬が皐月賞を勝ったのは、

今年を含めてわずか3回。


グレード制導入以降(1984年)では今年が初めてで、

非常にレアケースの皐月賞馬エポカドーロ。



過去の勝ち馬2頭は、

ダービーでは二桁着順の馬場掃除。



1番人気にもなりそうもないし、

今回の考察からは馬券は1枚も買えない。




次に、普段であればここから1着馬を検討していくのだが、

過去の2回は今とレース体系があまりにも違うので、

無理やりこじつけてもしょうがないので、

具体的な馬名はパスします。



ただ、数字的には表裏165番目が1着と出ていますので、

フルゲートの18頭立ての場合は、

3番・16番が該当しますので、

ここにヤマを張って枠順発表を楽しみに待ちます。




後この考察からは、


皐月賞2着馬のサンリヴァル

1番人気になりそうなダノンプレミアム


この2頭を有力馬とします。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします


スポンサーリンク