◎皐月賞で7番人気が1着した年の流れ。


※注意 → 1939年は枠番連勝無し

    → 1953年・1956年は枠連6枠制

    → 2007年・2008年はJPN1(グレードワンでは無い)






第8回 東京優駿競走 ■
東京競馬場 芝2400メートル
1939. 5.28 晴 良 21頭→20頭(出走取消)

1着   13番 クモハタ      牡3 55  阿部正太郎  田中和一郎  8人
2着   12番 リツチモンド    牡3 55  中村 広   尾形 景造  5人
3着   15番 ゴールデンモア   牡3 55  中村 一雄  中村 一雄 10人

4着   10番 エキスパーク    牡3 55  伊藤正四郎  尾形 景造  1人
5着   18番 ハレルヤ      牝3 53  保田 隆芳  尾形 景造  6人
横浜農林省賞典4歳呼馬(現皐月賞)ロツクパーク・・・出走取消







第20回 東京優駿(日本ダービー) ■
東京競馬場 芝2400メートル
1953. 5.24 晴 重  35頭→33頭(2頭出走取消)

1着 3枠 13番 ボストニアン    牡3 57  蛯名武五郎  増本 勇   1人
2着 5枠 29番 ダイサンホウシユウ 牡3 57  上田三千夫  上田 武司  8人
3着 2枠 10番 ハクリヨウ     牡3 57  二本柳俊夫  尾形 藤吉  2人

6着 1枠 04番 トキツ       牡3 57  佐藤 邦雄  大久保房松  5人






第23回 東京優駿(日本ダービー) ■
東京競馬場 芝2400メートル
1956. 6. 3 雨 重 27頭

1着 1枠 04番 ハクチカラ     牡3 57  保田 隆芳  尾形 藤吉  3人
2着 6枠 25番 キタノオー     牡3 57  勝尾 竹男  久保田金造  1人
3着 5枠 22番 ヘキラク      牡3 57  蛯名武五郎  藤本 冨良  2人

4着 1枠 03番 タメトモ      牡3 57  高松 三太  土田 順三 14人







第74回 東京優駿(日本ダービー) (JpnI)■
東京競馬場 芝2400メートル
2007. 5.27 晴 良  18頭

1着 2枠 03番 ウオッカ      牝3 55  四位 洋文  角居 勝彦  3人
2着 8枠 16番 アサクサキングス  牡3 57  福永 祐一  大久保龍志 14人
3着 7枠 14番 アドマイヤオーラ  牡3 57  岩田 康誠  松田 博資  4人

4着 6枠 12番 サンツェッペリン  牡3 57  松岡 正海  斎藤 誠   9人
7着 7枠 15番 フサイチホウオー  牡3 57  安藤 勝己  松田 国英  1人
9着 8枠 17番 ヴィクトリー    牡3 57  田中 勝春  音無 秀孝  2人







第75回 東京優駿(日本ダービー) (JpnI)■
東京競馬場 芝2400メートル
2008. 6. 1 晴 良  18頭

1着 1枠 01番 ディープスカイ   牡3 57  四位 洋文  昆  貢   1人
2着 4枠 07番 スマイルジャック  牡3 57  小牧 太   小桧山 悟 12人
3着 2枠 03番 ブラックシェル   牡3 57  武  豊   松田 国英  6人

4着 5枠 09番 マイネルチャールズ 牡3 57  松岡 正海  稲葉 隆一  2人
11着2枠04番 タケミカヅチ    牡3 57  柴田 善臣  大江原 哲  7人
皐月賞馬 キャプテントゥーレ 未出走




※赤文字 皐月賞1着馬

※青文字 皐月賞2着馬

※緑文字 皐月賞3着馬







☆1着馬の前走は、5頭とも皐月賞以外のレース。







見 解)



1939年に皐月賞が始まって以降、7番人気馬が勝ったには5回。

その年のダービーの結果が上記の5回。





勝ち馬5頭それぞれの前走・着順は下記の通り。



1939年クモハタ     → 新馬1着

1953年ボストニアン   → NHK杯1着(今とは距離・グレードが違います)

1956年ハクチカラ    → オープン1着

2007年ウオッカ     → 桜花賞2着

2008年ディープスカイ  → NHKマイルカップ1着





皐月賞の後に一回走るのは当たり前であった1970年位まではまだしも、

グレード制導入された1984年以降、2007年・2008年は

8頭しかいない(34頭中)前走が皐月賞以外のダービー馬。




数少ない事例の中で、

今回の考察で2年も出てきている以上、

今回考察からの1着候補は、

前走皐月賞組意外と考えていきたい。






今回登録している21頭で皐月賞組以外は10頭。

除外対象を除けば8頭。




過去の勝ち馬5頭のうち戦前のクモハタを除けば、

下記の条件を満たしている。




①オープン以上の芝レースで1着歴がある。

②3勝以上。

③G1レースで連対歴がある。

④ダービー当日が3番人気以内。







このすべてを満たしそうな馬は、



☆ダノンプレミアム




今回の考察一番手はこの馬とします。







あともう一頭上げたいのが、

③の項目であるG1レースに

そもそも出走歴の無いブラストワンピース。



競馬の歴史を見ていると、

イレギュラーな事を起こすのは常に無敗馬が多く、

この馬も3戦無敗である以上可能性を秘めている。






③以外の他の項目は満たしているので、



ブラストワンピース




この馬をもう一頭の1着候補とします。




参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします


スポンサーリンク