◎セントウルステークスが1番人気→2番人気で決着した年、スプリンターズステークスの流れ。



※データーは、2000年以降です。








第40回 スプリンターズステークス (GⅠ)■
中山競馬場 芝1200メートル
2006.10. 1 小雨 良 16頭

1着 7枠 13番 テイクオーバーターゲット 騙7 57 Jフォード  ジャニアック 1人
2着 2枠 04番 メイショウボーラー    牡5 57 福永 祐一  白井 寿昭 10人
3着 1枠 02番 タガノバスティーユ    牡3 55 勝浦 正樹  池添 兼雄 16人

8着 3枠 05番 シーイズトウショウ    牝6 55 池添 謙一  鶴留 明雄  2人



第50回 スプリンターズステークス (GⅠ)■
中山競馬場 芝1200メートル
2016.10. 2 晴 良 16頭

1着 7枠 13番 レッドファルクス     牡5 57 Mデムーロ  尾関 知人  3人
2着 8枠 15番 ミッキーアイル      牡5 57 松山 弘平  音無 秀孝  2人
3着 2枠 04番 ソルヴェイグ       牝3 53 田辺 裕信  鮫島 一歩  9人

6着 8枠 16番 ネロ           牡6 57 内田 博幸  森  秀行  8人
12着1枠01番 ビッグアーサー      牡5 57 福永 祐一  藤岡 健一  1人



※赤文字 → セントウルステークス1着馬

※緑文字 → セントウルステークス2着馬









→7枠13番が1着。

→前年度スプリンターズステークス1着馬及び1着騎手の枠が、
 当年スプリンターズステークスで1着。

→5歳・牡馬・G1馬が2着。

→3歳馬が3着。

→当年函館スプリントステークス1着馬の枠が3着。










考 察)


スプリンターズステークスのトライアルであるセントウルステークス、

2000年以降で1番人気→2番人気決着したのは上記2回。


この2回を見ていくと、2回ともセントウルステークス1着馬は馬場掃除で、

今回1着したファインニードルと同じ戦歴を持つ(高松宮記念1着→セントウルステークス1着)

ビッグアーサーも、本番のスプリンターズステークスではインでどん詰まりしてしまい、

12着と惨敗。


この2回を見る限り、ファインニードルは非常に買いにづらい。



そうなるとどの馬を1着候補として考えていくかだが、

過去の1着馬2頭に共通する事は見られないで、

7枠13番とレッドファルクスの同枠馬を1着候補としてピックアップします。




次に2着候補に行きます。

今までのデーター通りであれば下記の2頭。


・セイウンコウセイ

・ファインニードル



どちらかと問われれば、ファインニードルは買いにくいのでセイウンコウセイとします。




最後に3着候補。

過去2回で3着になった3歳馬を見ていくと、

世代限定戦の重賞1着歴があるが、

今年登録している2頭には無い。


ただラブカンプーについては、

世代限定重賞・古馬重賞の両レースで2着して賞金加算している事から、

一考の余地はあると見て3着候補とします。


後は、今年の函館スプリントステークス1着セイウンコウセイ同枠馬も3着候補とします。











参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーリンク