◎皐月賞1着馬出走・2着馬未出走、ダービー1着馬未出走・2着馬出走年の流れ。


※赤文字馬→皐月賞馬

※青文字馬→ダービー2着馬




第46回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
1985.11.10 晴 稍重 18頭

1着 6枠 12番 ミホシンザン    牡3 57 柴田 政人  田中朋次郎  1人
2着 5枠 11番 スダホーク     牡3 57 田原 成貴  古山 良司  2人
3着 7枠 15番 サクラサニーオー  牡3 57 東  信二  境 勝太郎  5人


※ミホシンザンは単枠指定です。





第77回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2016.10.23 曇 良  18頭

1着 2枠 03番 サトノダイヤモンド 牡3 57 Cルメール  池江 泰寿  1人
2着 6枠 11番 レインボーライン  牡3 57 福永 祐一  浅見 秀一  9人
3着 7枠 13番 エアスピネル    牡3 57 武  豊   笹田 和秀  6人

4着 3枠 06番 ディーマジェスティ 牡3 57 蛯名 正義  二ノ宮敬宇  2人













最 終 見 解)



ダービー1着馬が神戸新聞杯を1着しながら菊花賞に出走しなかった年は、

考察3を見てもらえば分かりますが、2004・2008・2017年の3回。




1番人気馬が2回も勝ちながら、3回とも馬連万馬券決着。







また、今回のような皐月賞・ダービー連対馬が出走したメンバー構成(今回のデーター参照)の時は、



・皐月賞1番人気馬

・菊花賞トライアル1番人気1着

・菊花賞1番人気



この3つを併せ持った馬が2回とも1着している。





ただし、今年の出走馬に3項目を満たす馬はいない。





今年の3歳牡馬クラシック1着馬を見ると、

グレード制定以降(1984年)初の

皐月賞 → スプリングステークス2着馬。




皐月賞7着 → ダービー1着は、

1987年メリーナイス以来34年ぶり。









この3つの事及び考察を鑑みると、


出走馬の構成・1番人気・菊花賞トライアル(セントライト記念含む)、


枠として考えると2枠が1番良く見えるので、


◎(03)ブラストワンピース

○(04)ジェネラーレウーノ



この2頭をひっくり返すとしたら、

秋華賞が去年と同じ騎手であったので、



▲(09)エタリオウ





2.3着候補については、


☆(05)エポカドーロ

△(16)ステイフーリッシュ

×(13)タイムフライヤー






はぁ~、どれだけ考えても良く分かりません。

本当に頭が痛くなっています。






参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト




























スポンサーリンク