◎毎日王冠で牝馬が1着した年、天皇賞(秋)の流れ。


※赤文字毎日王冠1着馬







第96回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1987.11. 1 曇 重  14頭

1着 3枠 04番 ニッポーテイオー  牡4 58 郷原 洋行  久保田金造  1人
2着 4枠 06番 レジェンドテイオー 牡4 58 蛯沢 誠治  田村 駿仁  6人
3着 1枠 01番 アサカツービート  牡6 58 安田 富男  元石 正雄 13人

8着 7枠 12番 ダイナアクトレス  牝4 56 岡部 幸雄  矢野 進   2人





第108回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
1993.10.31 晴 良  17頭

1着 4枠 08番 ヤマニンゼファー  牡5 58 柴田 善臣  栗田 博憲  5人
2着 1枠 02番 セキテイリュウオー 牡4 58 田中 勝春  藤原 敏文  6人
3着 6枠 12番 ウィッシュドリーム 牡4 58 藤田 伸二  坪  憲章  8人

未出走 → シンコウラブリイ 





第154回 天皇賞(秋) (GⅠ)■
東京競馬場 芝2000メートル
2016.10.30 曇 良  15頭

1着 5枠 08番 モーリス      牡5 58 Rムーア   堀  宣行  1人
2着 7枠 12番 リアルスティール  牡4 58 Mデムーロ  矢作 芳人  7人
3着 8枠 14番 ステファノス    牡5 58 川田 将雅  藤原 英昭  6人
 
7着 5枠 09番 ルージュバック   牝4 56 戸崎 圭太  大竹 正博  3人









→ 当年安田記念連対馬が1着。

→ 4歳馬が2着。










考 察)


1984年以降、牝馬が毎日王冠を1着した事は上記の3回。


今年のように毎日王冠勝ち馬が出走してこなかったのが1993年のみ。


1993年は13頭立で、シンコウラブリイ(牝4歳)が1番人気で1着。


今年も13頭立てで、アエロリット(牝4歳)が1番人気で1着。



ここまで類似すれば、1993年をコピーする天皇賞(秋)と見たい。




1993年の1着馬はヤマニンゼファー。


戦歴を見ていくと、

500万→900万→1500万の条件戦勝ち上がり、

初重賞勝ちは安田記念。



前年度安田記念1着、

当年京王杯SC1着・安田記念1着馬。

天皇賞(秋)の前走は、毎日王冠を2番人気で6着。



今年の出走馬を見渡したが、

安田記念1着馬などヤマニンゼファーの歩んだ道を再現できる馬が見当たらない。


そうなると人か数字の再現。








人と見るなら、京王杯SC・安田記念を連勝したC.ルメール。


ルメール以外なら、安田記念2番人気・毎日王冠2番人気6着の池江厩舎。



ルメール騎乗  → レイデオロ

池江泰寿厩舎  → アルアイン






数字については、今の所は人気が分からないので割愛します。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーリンク