◎前年度チャンピオンズC(旧ジャパンカップダート)1着馬未出走、本年度フェブラリーS1着馬出走、このような組み合わせのJBCクラシックの流れ。



第1回 JBCクラシック (GⅠ)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2001.10.31 晴 稍重 15頭

1着 3枠 04番 レギュラーメンバー 牡4 57 松永 幹夫  山本 正司  1人
2着 5枠 08番 マキバスナイパー  牡6 57 左海 誠二  岡林 光浩  4人
3着 8枠 15番 ハギノハイグレイド 牡5 57 武  豊   松田 国英  3人





第4回 JBCクラシック (GⅠ)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2004.11. 3 晴 稍重 14頭→13頭(取消)

1着 5枠 07番 アドマイヤドン   牡5 57 安藤 勝己  松田 博資  1人
2着 4枠 06番 アジュディミツオー 牡3 55 内田 博幸  川島 正行  6人
3着 5枠 08番 タイムパラドックス 牡6 57 武  豊   松田 博資  3人





第7回 JBCクラシック (JpnI)■
大井競馬場 ダート2000メートル
2007.10.31 曇 良  16頭

1着 3枠 06番 ヴァーミリアン   牡5 57 武  豊   石坂 正   2人
2着 6枠 12番 フリオーソ     牡3 55 内田 博幸  川島 正行  3人
3着 1枠 02番 サンライズバッカス 牡5 57 安藤 勝己  音無 秀孝  4人

4着 2枠 04番 ブルーコンコルド  牡7 57 幸  英明  服部 利之  1人




第14回 JBCクラシック (JpnI)■
盛岡競馬場 ダート2000メートル
2014.11. 3 曇 重  16頭

1着 8枠 15番 コパノリッキー   牡4 57 田辺 裕信  村山 明   3人
2着 3枠 06番 クリソライト    牡4 57 Cルメール  音無 秀孝  1人
3着 2枠 04番 ワンダーアキュート 牡8 57 武  豊   佐藤 正雄  2人







☆武豊騎手が3着以内。














考 察)


地方競馬の祭典であるJBC。

しかし、何故か今年は京都競馬場開催。



それなりの意味はあるのだろうと見て、

まずは、中央競馬ダートG1勝ち馬の出欠から考察をしました。




登録を見ると、昨年のチャンピオンズカップ1着馬ゴールドドリームは未登録、

本年度フェブラリーステークス1着馬ノンコノユメは登録をしています。



このままノンコノユメが出走してくれば、

上記4回と同じになります。



この4回の1着馬を見ていくと、

4頭とも本年度に地方競馬場でG1(JPN1)を勝っています。



今年の登録馬を見ていくと、

川崎記念を1着しているケイティブレイブのみ。




また上記4年のうち、

前年度フェブラリーS・ジャパンカップダート(チャンピオンズカップ)で、

同一馬(ウイングアロー)が勝っていたのが2001年。



今回の前年にあたる2017年は、

ゴールドドリームがフェブラリーS・チャンピオンズカップを1着し、

ウイングアローと同じく今回のJBCクラシック未出走。



同じ流れなので、2001年と同じことをしてくる可能性大。



2001年JBCクラシックの1着馬は、

川崎記念1着馬レギュラーメンバー。




今年の川崎記念1着馬はケイティブレーブ




ここからもケイティブレーブが出てくる以上、

今回の考察からは文句で1着候補は、







ケイティブレーブ








2着馬については、

当年ダートG1で1着歴(2頭)、または日本テレビ盃で連対歴(2頭)、

2つのうちどちらかなので、フェブラリーS1着歴のある、



ノンコノユメ





本年度日本テレビ盃2着、




アポロケンタッキー






上記2頭をこの考察からの2着候補とします。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーリンク