◎11月18日開催マイルチャンピオンシップの流れ



第1回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1984.11.18 晴 良  16頭

1着 2枠 03番 ニホンピロウイナー 牡4 57  河内 洋   服部 正利  1人
2着 7枠 12番 ハッピープログレス 牡6 57  田原 成貴  山本 正司  3人
3着 6枠 11番 ダイゼンシルバー  牡3 55  西浦 勝一  中村 好夫  2人

6着 6枠 10番 キタヤマザクラ   牡3 55  小島 貞博  戸山 為夫  4人





第7回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1990.11.18 晴 良  18頭

1着 4枠 07番 パッシングショット 牝5 55  楠  孝志  橋田 満  10人
2着 3枠 05番 バンブーメモリー  牡5 57  武  豊   武  邦彦  1人
3着 6枠 10番 サマンサトウショウ 牝5 55  角田 晃一  渡辺 栄  11人

4着 7枠 13番 ラッキーゲラン   牡4 57  内田 浩一  池江 泰郎  3人
7着 4枠 06番 カッティングエッジ 牝4 55  松永 幹夫  高橋 英夫  4人
9着 7枠 14番 ルイテイト     牡5 57  河内 洋   増本 豊   2人





第18回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2001.11.18 晴 良  18頭

1着 7枠 14番 ゼンノエルシド   牡4 57  Oペリエ   藤沢 和雄  4人
2着 5枠 09番 エイシンプレストン 牡4 57  福永 祐一  北橋 修二  2人
3着 4枠 08番 タイキトレジャー  牡5 57  横山 典弘  藤沢 和雄 10人

9着 7枠 13番 ダイタクリーヴァ  牡4 57  河内 洋   橋口弘次郎  1人
12着8枠17番 トロットスター   牡5 57  蛯名 正義  中野 栄治  3人





第24回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2007.11.18 曇 良  18頭

1着 4枠 08番 ダイワメジャー   牡6 57  安藤 勝己  上原 博之  1人
2着 4枠 07番 スーパーホーネット 牡4 57  藤岡 佑介  矢作 芳人  4人
3着 6枠 11番 スズカフェニックス 牡5 57  武  豊   橋田 満   5人

4着 6枠 12番 アグネスアーク   牡4 57  藤田 伸二  河内 洋   2人
5着 5枠 09番 カンパニー     牡6 57  福永 祐一  音無 秀孝  3人





第29回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2012.11.18 晴 稍重 18頭

1着 1枠 01番 サダムパテック   牡4 57  武  豊   西園 正都  4人
2着 4枠 07番 グランプリボス   牡4 57  内田 博幸  矢作 芳人  1人
3着 8枠 17番 ドナウブルー    牝4 55  Cスミヨン  石坂 正   5人

8着 7枠 13番 ストロングリターン 牡6 57  福永 祐一  堀  宣行  2人
12着6枠11番 ファイナルフォーム 牡3 56  Cルメール  堀  宣行  3人







☆1番人気馬の枠が2着以内。

☆4番人気馬の枠が3着以内。










考 察)


11月18日開催マイルチャンピオンシップは、

第1回を筆頭に過去5回。



第7回1着馬パッシングショットを除けば、

1番人気馬と4番人気馬が各2勝ずつ。




2着馬を見ていっても、

1~4番人気馬で5回とも決まっていて、

全体的には堅めの決着が続いている。




今のレース体系になった2000年以降は、

4番人気馬の枠が3連勝中(1990年も1着なので、実質は4連勝中)。





まず1着馬を見ていくと、


・古馬

・当年牡馬混合重賞1着



この2つの項目をクリアーしている。



人気になっても3歳馬4頭及び、

アルアイン・エアスピネル・ペルシアンナイトは、

この考察から連対候補として買う要素は無い。





今年の対象馬は登録段階で6頭。




もう少し絞る為に戦歴を見ていくと、

 
(1)マイルチャンピオンシップ初出走、本年度夏季番組以降で重賞1着歴あり

(2)皐月賞連対歴、当年G2以上で1着歴あり





このどちらかだが、

今年は皐月賞連対馬がいないので、

(2)からピックアップ。



・アエロリット

・ミッキーグローリー

・モズアスコット

・ ロジクライ






この4頭をこの考察からの1着候補とします。







次に2着馬を見ていくと、

下記のタイプの馬が交代で起用されている。



・朝日杯FS1着馬

・安田記念1着馬

・毎日王冠1着馬





今年の対象馬は下記の2頭。




安田記念1着馬 → モズアスコット

毎日王冠1着馬 → アエロリット





この2頭をこの考察からの2着候補とします。



参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします






 競馬は週末だけじゃない!! オッズパークなら毎日競馬が楽しめる 



スポンサーリンク