(1)14頭立てジャパンカップの流れ。



第4回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1984.11.25 晴 良  14頭

1着 6枠 10番 カツラギエース   牡4 57  西浦 勝一  土門 一美 10人
2着 3枠 04番 ベッドタイム    騙4 57  Wカーソン  Wハーン   2人
3着 7枠 12番 シンボリルドルフ  牡3 55  岡部 幸雄  野平 祐二  4人

10着1枠01番 ミスターシービー  牡4 57  吉永 正人  松山 康久  1人





第6回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1986.11.23 晴 良  14頭

1着 6枠 10番 ジュピターアイランド  牡7 57  Pエデリー  ブリテン   8人
2着 8枠 13番 アレミロード      牡3 55  スターキー  ハーウッド  6人
3着 4枠 06番 ミホシンザン      牡4 57  柴田 政人  田中朋次郎  4人

5着 6枠 09番 アワウェイバリースター 騙4 57  オサリバン  オサリバン  2人





第7回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1987.11.29 曇 良  14頭

1着 7枠 11番 ルグロリュー     牡3 55  Aルクー    Rコレ    3人
2着 1枠 01番 サウスジェット    牡4 57  JLサミン   ディマウロ 11人
3着 8枠 14番 ダイナアクトレス   牝4 55  岡部 幸雄   矢野 進   9人

5着 7枠 12番 ムーンマッドネス   牡4 57  Pエデリー   ダンロップ  2人





第12回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1992.11.29 晴 重  14頭

1着 8枠 14番 トウカイテイオー   牡4 57  岡部 幸雄   松元 省一  5人
2着 5枠 07番 ナチュラリズム    牡4 57  ディットマン フリードマン  2人
3着 6枠 09番 ディアドクター    牡5 57  アスムッセン  Jハモンド  4人





第17回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1997.11.23 晴 良  14頭

1着 3枠 03番 ピルサドスキー    牡5 57  Mキネーン  Mスタウト  3人
2着 6枠 09番 エアグルーヴ     牝4 55  武  豊   伊藤 雄二  2人
3着 8枠 13番 バブルガムフェロー  牡4 57  岡部 幸雄  藤沢 和雄  1人







☆2番人気馬の枠が2着以内。









(2)1枠01番の馬が1番人気になった時の流れ。


第4回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1984.11.25 晴 良  14頭

1着 6枠 10番 カツラギエース   牡4 57  西浦 勝一  土門 一美 10人
2着 3枠 04番 ベッドタイム    騙4 57  Wカーソン  Wハーン   2人
3着 7枠 12番 シンボリルドルフ  牡3 55  岡部 幸雄  野平 祐二  4人

10着1枠01番 ミスターシービー  牡4 57  吉永 正人  松山 康久  1人





第12回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
1992.11.29 晴 重  14頭

1着 8枠 14番 トウカイテイオー   牡4 57  岡部 幸雄   松元 省一  5人
2着 5枠 07番 ナチュラリズム    牡4 57  ディットマン フリードマン  2人
3着 6枠 09番 ディアドクター    牡5 57  アスムッセン  Jハモンド  4人

6着 1枠 01番 ユーザーフレンドリー 牝3 53  ダフィールド   ブリテン  1人





第35回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
2015.11.29 晴 良  18頭

1着 7枠 15番 ショウナンパンドラ  牝4 55  池添 謙一  高野 友和  4人
2着 3枠 06番 ラストインパクト   牡5 57  Rムーア   松田 博資  7人
3着 1枠 01番 ラブリーデイ     牡5 57  川田 将雅  池江 泰寿  1人





第36回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
2016.11.27 小雨 良  17頭

1着 1枠 01番 キタサンブラック  牡4 57  武  豊   清水 久詞  1人
2着 6枠 12番 サウンズオブアース 牡5 57  Mデムーロ  藤岡 健一  5人
3着 8枠 17番 シュヴァルグラン  牡4 57  福永 祐一  友道 康夫  6人














見 解)



このレースは、アーモンドアイの扱いが最大の焦点だと思う。



今回の考察からはどちらともとれるが、

どちらかと言うと1着になれないデーターが多い。




アーモンドアイが1着になるとしたなら、

対極ゾロ目など特殊な決着になるだろうと見るが、

自分のスタイルからは買いにくい。




今回の考察を見る限り2番人気馬の7枠が断然良いと思うが、

サイン的には2頭にほとんどない。




頭数は少ないが色んなトラップがあり、

頭を決めかねるが、

初志貫徹で7枠から行きます。




◎(11)スワーヴリチャード


○(12)カプリ








考察1から3歳馬が連対を外さないと思うので、



▲(01)アーモンドアイ








2着・3着候補として、


サイン的に一番多い馬である2頭、



☆(08)キセキ


△(09)シュヴァルグラン










考察から、



×(03)サトノダイヤモンド

×(04)サトノクラウン




















参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします





スポンサーリンク