◎牡馬混合重賞1着馬が出走していない年の流れ。



第45回 阪神3歳牝馬ステークス (GⅠ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
1993.12. 5 晴 良  15頭

1着 2枠 03番 ヒシアマゾン     牝2 53  中舘 英二  中野 隆良  2人
2着 5枠 08番 ローブモンタント   牝2 53  Mキネーン  飯田 明弘  9人
3着 3枠 04番 ケイアイメロディー  牝2 53  熊沢 重文  田中 章博  4人

5着 6枠 11番 エイシンバーモント  牝2 53  南井 克巳  坂口 正則  5人
6着 8枠 15番 タックスヘイブン   牝2 53  小島 貞博  鶴留 明雄  3人
11着2枠02番 シスターソノ     牝2 53  松永 幹夫  田中耕太郎  1人





第49回 阪神3歳牝馬ステークス (GⅠ)■
阪神競馬場 芝1600メートル
1997.11.30 曇 良  16頭

1着 1枠 02番 アインブライド    牝2 53  古川 吉洋  宮  徹   7人
2着 6枠 11番 キュンティア     牝2 53  高橋 亮   橋口弘次郎  6人
3着 8枠 15番 ダンツシリウス    牝2 53  Oペリエ   山内 研二  8人

4着 5枠 09番 サラトガビューティ  牝2 53  藤田 伸二  山内 研二  2人
5着 5枠 10番 シンコウノビー    牝2 53  後藤 浩輝  藤原 敏文  1人
6着 2枠 03番 ダイワリプルス    牝2 53  柴田 善臣  増沢 末夫  3人
12着2枠04番 メイショウアヤメ   牝2 53  飯田 祐史  飯田 明弘  4人
13着1枠01番 エイシンシンシアナ  牝2 53  武  豊   湯浅 三郎  5人







☆表18番目が1着。









考 察)


牡馬混合重賞1着馬が出走しないのは、

1991年に牝馬限定戦になってい以降、

僅かに上記の2年だけ。



今年のような牡馬混合重賞で、

牝馬が1着になれなかったのは、

1997年の僅か1回のみ。



牡馬が強いのか牝馬が弱いのかは分かりませんが、

非常にまれな年であることは間違いないです。




まず1着馬から見ていきます。



2頭の戦歴を見ていくと、


ヒシアマゾン  ・・ ・新馬1着 → プラタナス賞2着 → 京成杯3歳S2着

アインブライド ・・・ 新馬3着 → 新馬1着 → 野路菊ステークス1着 




2頭とも阪神JFの前に、


・3走している

・500万下条件を勝っていない

・牡馬混合オープン以上で連対歴あり



この辺りが共通項としてあるが、

今年の登録馬に全てを満たす馬はいない。



そうなるとどれかの項目に目を瞑らないといけないが、

出走数は切り捨てても問題ないように思うので、

これを切り捨ててピックアップすると、


・ウインゼノビア

・エイシンゾーン

・クロノジェネシス

・ラブミーファイン



上記の4頭が該当。



この中で選ぶとしたら、

過去の勝ち馬2頭がオープン以上のレースを連対しているのは、

中央場所であった事から、




◎クロノジェネシス







2着馬については、

過去の2頭はともに新馬勝ちの1戦1勝馬。


今年の登録馬下記の3頭。


◎サヴォワールエメ

◎タニノミッション

◎トロシュナ




抽選対象なのでどれが出てくるか分かりませんが、

出てきた馬が2着候補として注目です。


参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします





スポンサーリンク