短期免許を取得して今週末から日本で騎乗予定だったランフランコ・デットーリ騎手(48)=イタリア出身、英国拠点=は騎乗停止処分が科されたため、少なくとも9、10日は騎乗できなくなった。関係者によると、騎乗停止期間が過ぎれば、日本で騎乗するという。

 同騎手は5日のメルボルンCで騎乗してアタマ差の2位に入ったマスターオブリアリティがゴール前で内に斜行し、4位入線のイルパラディーゾの進路を妨害。1時間近い審議の末、4着に降着となり、3位入線のプリンスオブアランが2着、イルパラディーゾが3着にそれぞれ繰り上がり、デットーリ騎手は13日までの騎乗停止処分が科された。

 ほぼ毎日開催があるオーストラリアと違い、中央競馬は原則として週末の2日間開催のため、日本での騎乗停止期間は未定だが、今週末の騎乗は不可能となり、エリザベス女王杯でコンビを組む予定だったゴージャスランチは幸騎手が騎乗することが決まった。


フランキー、騎乗停止かぁ。

来るの楽しみにしてたんだけどなぁ。


そうなるとエリザベス女王杯でゴージャスランチに騎乗するのは、




幸君かぁ・・・。




幸騎手サイン騎手。






連対馬が絞れる可能性が出てきたなぁ。







参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

スポンサーリンク