2017年、8月26日にAさん夫妻と来店。

昼にお店から携帯に連絡があり、コースの確認(ネットからの予約で、何も指定していなかった為)。

柿安本店の近くで住宅街にあり、駐車場は少し離れた所にある。



お店は2階で、来店とともに暖かいあいさつで迎えてくれた。

今回はカウンターが開いていないので個室。

案内された所は、完全な個室ではなく、カウンターが見える作り。

お店の内装は落ち着いた感じで、所々に女性の心遣いが見える。

特にAさんの奥さんが驚いていたのが、トイレの洗面所にハンドクリームが置いてあった所。

我々男性はこのような細やかな事には気づきにくいので、思わぬところで感心させられた。






ディナーメーニューは下記の3つがメインで、アラカルトがいくつかあり。


DINNER MENU

厳選黒毛和牛ステーキコース


      コスパ最高サーロイン       一番人気ヒレ      希少部位シャトーブリアン
 80g       3,980円          4,980円            6,980円
100g       4,480円          5,680円            7,980円
120g       4,980円          6,380円            8,980円
150g       5,480円          7,080円           9,980円




私と奥様がシャトーブリアンの150gのコース、Aさんは食べ比べをしたいと言う事でヒレの150gのコース。

飲み物は私が運転手なので烏龍茶、アルコールいける口の二人はビール。



最初は、旬野菜スティックと季節の恵み有機豆乳ポタージュ。

IMG_20170827_175441 (1)





野菜は、キュウリとニンジンのスティックにミニトマト。

野菜につける塩は、アンデスの塩と沖縄の塩のブレンド品。

野菜は、エグミも無く食べやすい。


スープはジャガイモの冷製スープと言っていたので、ヴィシソワーズスープ。

味はしっかりと塩味が効いていて、はっきりと輪郭が出してある味。優しい自然な味を好む人達にとっては強く感じると思われるが、私はこの程度までは許容範囲であるし、美味しくいただく。



次はアラカルトで注文した黒毛和牛特選炙り寿司。

IMG_20170827_175539 (2)



この辺りでは比較的食べれるメーニューだが、肉の品質も良く美味しくいただく。



次にメインのステーキと焼き野菜。

お肉の産地を確認すると、宮崎牛のA5ランク。

焼き具合はレア。

付け合わせの調味料は、ワサビ・ポン酢・鹿児島の醤油・先ほどの塩・ミソとチーズとマヨネーズを合わせたソースの4品。

野菜は、玉ねぎ・ナス・ピーマン・チップのニンニク・こんにゃく(こんな所でこんにゃくは珍しい気がする)、別皿でもやしのポン酢炒め。

1504337486521.jpg

1504337563611.jpg


肉は柔らかい事は当たり前だが旨味もあり、焼き具合も問題なく、量もこのぐらいあっても問題なかった。

肉につけてある下味は薄めなので、付け合わせの調味料はを一通り試してみる。


肉質が良いのでこの肉について私個人は、肉の味が味わえる塩・ワサビが好み。

交換でいただいたヒレ肉はシャトーブリアンより脂を強く感じるので、鹿児島の醤油(九州の醤油は甘みがあります)やポン酢がいいかな。



ご飯はさっぱり食べたいので、200円プラスして牛すじクッパ風茶漬けに変更。

ご夫妻は、300円プラスしてガーリックライス(ガーリックライスの方は、仕上げにおうばを入れるか確認に来ました)。

1504337629998.jpg



1504337642310.jpg






茶漬けは牛ダシもきいていて美味しかったが、もう少し牛筋が柔らかいのが好み。

ガーリックライスもいただいたが、茶漬けの後に1杯食べれたぐらいの出来。




デザートは、ステーキにひいてあった(食べる前に残してくれと言われます)食パンのトーストとアイス。


1504337665724.jpg






最後は口がさっぱりするほうじ茶でコースは終了。



当日はカップルで見えた方が彼女にサプライズ演出などがあり、良い感じの雰囲気であった。

味も3人とも満足できるレベルにあり、また来ましょうとなった。


ただ唯一気になったのが、ある程度の時間になると帰って欲しいオーラが漂い始め、余韻を楽しめなかった点。

次の客もあるだろうが、もうちょっとこのあたりが気配り出来れば、もっと心地よい店になるだろう。

























スポンサーリンク