◎安田記念の結果を受けてのマイルCSの流れ。



(1)安田記念で7番人気馬が勝った年のマイルCSの流れ。

第52回 2002. 6. 2 東京 T1600 晴 良 18頭 アドマイヤコジーン  1.33.3 牡6 58 7人 後藤浩輝 橋田 満
第55回 2005. 6. 5 東京 T1600 晴 良 18頭 アサクサデンエン   1.32.3 牡6 58 7人 藤田伸二 河野 通文




第19回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2002.11.17 晴 良  18頭

1着 5枠 10番 トウカイポイント   騙6 57  蛯名 正義   後藤 由之  11人
2着 3枠 06番 エイシンプレストン  牡5 57  福永 祐一   北橋 修二   3人
3着 1枠 01番 リキアイタイカン   牡4 57  武  幸四郎  松田 正弘  15人

7着 6枠 12番 アドマイヤコジーン  牡6 57  後藤 浩輝   橋田 満    1人  → 安田記念1着馬




第22回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2005.11.20 晴 良  18頭→17頭(取消)

1着 3枠 05番 ハットトリック    牡4 57  O.ペリエ    角居 勝彦   3人
2着 6枠 12番 ダイワメジャー    牡4 57  C.ルメール   上原 博之   4人
3着 1枠 01番 ラインクラフト    牝3 54  福永 祐一   瀬戸口 勉   2人

安田記念1着馬 アサクサデンエン → 未出走





※馬番1番が3着。
※3枠が2着以内。









(2)安田記念で馬番14番が勝った年のマイルCSの流れ。

第39回 1989.5.14 東京 T1600 17頭 1着 7枠 14番 バンブーメモリー   牡4 57 岡部 幸雄  武  邦彦   1.34.3 10人
第43回 1993.5.16 東京 T1600 16頭 1着 7枠 14番 ヤマニンゼファー   牡5 57 柴田 善臣  栗田 博憲   1.33.5 2人
第54回 2004.6.06 東京 T1600 18頭 1着 7枠 14番 ツルマルボーイ    牡6 58 安藤 勝己  橋口 弘次郎  1.32.6 6人
第61回 2011.6.05 東京 T1600 18頭 1着 7枠 14番 リアルインパクト   牡3 54 戸崎 圭太  堀  宣行   1.32.0 9人




第6回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1989.11.19 晴 良  17頭

1着 1枠 01番 オグリキャップ    牡4 57 南井 克巳  瀬戸口 勉   1人
2着 3枠 04番 バンブーメモリー   牡4 57 武  豊   武  邦彦   2人 → 安田記念1着馬
3着 6枠 11番 ホクトヘリオス    牡5 57 柴田 善臣  中野 隆良   3人




第10回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1993.11.21 雨 不良  15頭

1着 3枠 05番 シンコウラブリイ   牝4 55 岡部 幸雄  藤沢  和雄   1人
2着 5枠 08番 イイデザオウ     牡4 57 角田 晃一  大久保 正陽   6人
3着 7枠 13番 ドージマムテキ    牡3 55 小島 貞博  森   秀行  10人

安田記念1着馬 ヤマニンゼファー → 未出走





第21回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2004.11.21 晴 良  16頭

1着 4枠 07番 デュランダル     牡5 57 池添 謙一  坂口 正大   1人
2着 8枠 15番 ダンスインザムード  牝3 54 C.ルメール  藤沢 和雄   4人
3着 4枠 08番 テレグノシス     牡5 57 横山 典弘  杉浦 宏昭   5人

安田記念1着馬 ツルマルボーイ  → 未出走




第28回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2011.11.20 晴 稍重  18頭

1着 3枠 05番 エイシンアポロン   牡4 57 池添 謙一  松永 昌博   5人
2着 1枠 01番 フィフスペトル    牡5 57 横山 典弘  加藤 征弘  11人
3着 7枠 13番 サプレザ       牝6 55 C.ルメール  Rd.コレ    4人

5着 4枠 08番 リアルインパクト   牡3 56 福永 祐一  堀  宣行  1人 → 安田記念1着馬





※安田記念1着馬を起点に3つ横(マイナス方向)が1着。
※安田記念1着馬が出走すると、枠連1↔3で決着。
※安田記念1着馬が出走すると、表1番↔裏14番の馬連で決着。







考 察)

当年安田記念1着馬が出走した年を見ていくと考察1と同じ傾向が出ていて、

馬連1番人気決着か馬連万馬券決着になっている。

今年も同じ事が起こるだろうと私は見ている。


安田記念馬については、上記データーを見る限り1着としては考えにくい。


数字的には、両方に出てきた馬番1番と安田記念馬の三つマイナス横(念のためプラス三つも)の馬番に注目したい。



具体的な馬名については、安田記念1着馬がマイルCSに出走した時から見ていきます。

勝ち馬それぞれの前走を見ていくと、

オグリキャップ   → 天皇賞(秋)2着
トウカイポイント  → 富士ステークス5着
エイシンアポロン  → 富士ステークス1着 


各レース、今年の対象馬を見ていくと、

天皇賞(秋) 2着  → サトノクラウン   M.デムーロ
富士ステークス5着  → ペルシアンナイト  M.デムーロ
富士ステークス1着  → エアスピネル    武 豊




次に、オグリキャップ・トウカイポイント・エイシンアポロンのそれぞれの最新重賞勝ちを見ていくと、

オグリキャップ   → 毎日王冠1着
トウカイポイント  → 中山記念1着
エイシンアポロン  → 富士ステークス1着 



こちらも各レース、今年の対象馬を見ていくと、

毎日王冠1着     → リアルスティール  M.デムーロ
中山記念1着     → ネオリアリズム   M.デムーロ
富士ステークス1着  → エアスピネル    武 豊



富士ステークスを除いて、まあ見事なまでにM.デームロが出てきます。

ここまで出てくる以上、この考察からはM.デムーロ騎乗のレッドファルクス ペルシアンナイトを1番の推奨馬とします。



スポンサーリンク