◎スワンステークスの結果を受けてのマイルCSの流れ。


(1)スワンステークスが純粋ゾロ目で決着した年の流れ(1984・2000・2009年)。



第1回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1984.11.18 晴 良  16頭

1着 2枠 03番 ニホンピロウイナー  牡4 57  河内 洋   服部 正利   1人 → スワンS1着
2着 7枠 12番 ハッピープログレス  牡6 57  田原 成貴  山本 正司   3人
3着 6枠 11番 ダイゼンシルバー   牡3 55  西浦 勝一  中村 好夫   2人




第17回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2000.11.19 晴 良  18頭

1着 7枠 13番 アグネスデジタル   牡3 55  的場 均   白井 寿昭  13人
2着 6枠 11番 ダイタクリーヴァ   牡3 55  安藤 勝己  橋口 弘次郎  1人
3着 4枠 07番 メイショウオウドウ  牡5 57  飯田 祐史  飯田 明弘  12人

4着 2枠 04番 ダイタクヤマト    牡6 57  江田 照男  石坂 正    6人 → スワンS1着




第26回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
2009.11.22 小雨 良  18頭

1着 2枠 04番 カンパニー      牡8 57  横山 典弘  音無 秀孝   1人
2着 7枠 13番 マイネルファルケ   牡4 57  和田 竜二  萱野 浩二  14人
3着 7枠 15番 サプレザ       牝4 55  O.ペリエ   R.コレ     2人

未出走 キンシャサノキセキ → スワンS1着




※1番人気馬が3着以内。
※表裏60番及び67番目が2着以内。
※表裏6番が3着以内。










(2)古馬混合1000万下条件戦1着歴がある3歳牡馬がスワンSで1着になった年の流れ

第34回 1991.10.26 京都 T1400 良 16頭 ケイエスミラクル 1.20.6 牡3 55 5人 南井 克巳 高橋 成忠
第38回 1995.10.28 京都 T1400 良 14頭 ヒシアケボノ   1.19.8 牡3 55 4人 角田 晃一 佐山 優 


第8回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1991.11.17 晴 良  15頭

1着 7枠 12番 ダイタクヘリオス   牡4 57 岸  滋彦  梅田 康雄   4人
2着 3枠 05番 ダイイチルビー    牝4 55 河内 洋   伊藤 雄二   1人
3着 6枠 11番 ケイエスミラクル   牡3 55 南井 克巳  高橋 成忠   2人 → スワンステークス1着馬




第12回 マイルチャンピオンシップ (GⅠ)■
京都競馬場 芝1600メートル
1995.11.19 晴 良  18頭

1着 7枠 13番 トロットサンダー   牡6 57 横山 典弘  相川 勝敏   4人
2着 8枠 18番 メイショウテゾロ   牡3 55 上籠 勝仁  星川 薫    16人
3着 1枠 01番 ヒシアケボノ     牡3 55 角田 晃一  佐山 優    2人 → スワンステークス1着馬





※4番人気馬が1着。
※スワンステークス1着馬が3着。








考 察)

上記のデーターでフルゲートになった年は、3回とも2着以内に二桁人気馬が来て穴をあけている。

3頭を見てみると、芝・ダート問わず本年度1600メートル重賞で2着以内に来ていた馬。

そのようなタイプで二桁人気の馬がいれば狙っていきたい。

あと上記のフルゲートになった3年は、馬番13番が2着以内に来ているので注意を払いたい。

スポンサーリンク