◎天皇賞、同一年で春秋連覇した馬が出た年の流れ。

第098回 1988.10.30 東京 T2000 晴 良  13頭 タマモクロス     1.58.8  牡4  58  2人 南井 克巳 小原 伊佐美
第120回 1999.10.31 東京 T2000 晴 良  17頭 スペシャルウィーク  1.58.0  牡4  58  4人 武  豊  白井 寿昭
第122回 2000.10.29 東京 T2000 曇 重  16頭 テイエムオペラオー  1.59.9  牡4  58  1人 和田 竜二 岩元 市三
第136回 2007.10.28 東京 T2000 晴 稍重 16頭 メイショウサムソン  1.58.4  牡4  58  1人 武  豊  高橋 成忠




第8回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル 7回東京8日 10R
1988.11.27 晴 良  16頭→14頭(2頭取消)

1着 8枠 16番 ペイザバトラー        牡4 57 C.マッキャロン  R.フランケル   9人
2着 3枠 05番 タマモクロス         牡4 57 南井 克巳    小原 伊佐美   1人
3着 4枠 08番 オグリキャップ        牡3 55 河内 洋     瀬戸口 勉    3人




第19回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル 5回東京8日 10R
1999.11.28 晴 良  15頭→14頭(1頭取消)

1着 7枠 13番 スペシャルウィーク      牡4 57 武 豊      白井 寿昭    2人
2着 4枠 07番 インディジェナス       騙6 57 D.ホワイト    I.アラン     12人
3着 7枠 12番 ハイライズ          牡4 57 L.デットーリ   S.ビンスルール  7人




第20回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル 6回東京8日 10R
2000.11.26 晴 良  16頭

1着 4枠 08番 テイエムオペラオー     牡4 57 和田 竜二     岩元 市三     1人
2着 7枠 13番 メイショウドトウ      牡4 57 安田 康彦     安田 伊佐夫    5人
3着 5枠 10番 ファンタスティックライト  牡4 57 L.デットーリ    S.ビンスルール   2人




第27回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル 5回東京8日 10R
2007.11.25 晴 良  18頭

1着 2枠 04番 アドマイヤムーン       牡4 57 岩田 康誠    松田 博資     5人
2着 1枠 02番 ポップロック         牡6 57 O.ペリエ     角居 勝彦     4人
3着 5枠 10番 メイショウサムソン      牡4 57 武 豊      高橋 成忠     1人






※天皇賞春秋連覇馬が3着以内。

※表裏9番目が3着以内。










考 察)

同一年で天皇賞を春秋連覇した馬は上記の4頭。

4頭とも3着以内に入っているので、今年のキタサンブラックも3着以内は大丈夫であろう。

ただ、勝てるかと問われれば疑問符が付く。

過去の4頭は、勝ち馬2頭は秋初戦に京都大賞典を使い、負け組2頭は天皇賞(秋)を初戦に使っている。

今年のキタサンブラックは天皇賞(秋)が初戦。

そこから考えると、2着か3着が妥当な着順ではないかと見る。


あと、キタサンブラックにはもう2つ気になる事があって、1つ目は他の4頭と違い5歳馬であること。

もう一つは、他の4頭と違って宝塚記念を連対出来なかった事。

些細な事かも知れないが、今までと違うことが起こるのではないかと一抹の不安あり。



次に、上記4年の3着までを見ていきます。


大枠でくくると2通り。

(1)外国馬

(2)当年天皇賞(秋)4番人気以内で、古馬G1レースで2着以内のある馬。



(1)についてはこれと言って統一性は無く、馬名をピックアップする事を割愛させていただきます。




(2)の対象馬は、キタサンブラックとサトノクラウンのみ。


この項目の考察からは、人気馬で面白くないがキタサンブラック・サトノクラウンとします。























スポンサーリンク