◎17頭立てジャパンカップの流れ。

第32回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
2012.11.25 晴 良 17頭

1着 8枠 15番 ジェンティルドンナ  牝3 53  岩田 康誠    石坂 正   3人
2着 8枠 17番 オルフェーヴル    牡4 57  池添 謙一    池江 泰寿  1人
3着 7枠 13番 ルーラーシップ    牡5 57  C.ウィリアムズ  角居 勝彦  2人




第33回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
2013.11.24 晴 良 17頭

1着 4枠 07番 ジェンティルドンナ  牝4 55  R.ムーア     石坂 正   1人
2着 5枠 09番 デニムアンドルビー  牝3 53  浜中 俊     角居 勝彦  7人
3着 3枠 05番 トーセンジョーダン  牡7 57  W.ビュイック   池江 泰寿 11人




第36回 ジャパンカップ (GⅠ)■
東京競馬場 芝2400メートル
2016.11.27 小雨 良  17頭

1着 1枠 01番 キタサンブラック   牡4 57  武  豊     清水 久詞  1人
2着 6枠 12番 サウンズオブアース  牡5 57  M.デムーロ    藤岡 健一  5人
3着 8枠 17番 シュヴァルグラン   牡4 57  福永 祐一    友道 康夫  6人







最終見解)

過去に17頭立てはわずか3回。

昨年のキタサンブラックとジェンティルドンナの2012・2013年の2回。

唯一連覇した時にだけ出てきている17頭立て。

今回のジャパンカップが17頭立てである以上、キタサンブラックの連覇を最初に考える事は当然である。

また、考察4・5・6からキタサンブラックの後押しある以上、この馬以外をおいて◎を考えられない。



◎(04)キタサンブラック







もしキタサンブラックをひっくり返すことがあるとすれば、考察4・5・6及び今回のデーターから出てきたジェンティルドンナ

から考えられるソウルスターリングしかいないので○。



○(08)ソウルスターリング





枠単位で見れば、2012年はオルフェーブルがジェンティルドンナの同枠であったので、

1番人気馬がいる枠が3回とも1着。

今回のジャパンカップも当然ながら1番人気馬の枠が有力で、1番人気馬は(04)キタサンブラック。

可能性はかなり少ないとは思うが、全く無いとは言い切れないのでキタサンブラックの同枠馬に▲。




▲(03)ギニョール





以下2・3着候補として考察から考えられる馬を3頭。

☆(02)レイデオロ
△(01)シュヴァルグラン
×(12)サトノクラウン

スポンサーリンク