FC2ブログ

せどり・競馬・グルメ・歯科・病気(高血圧・痛風)を中心に、日々起こった事を書いていきます。

2019年 菊花賞データー(1)

◎皐月賞・ダービー馬が出走しない菊花賞の流れ。

※データーは、グレード制が制定された1984年以降です。





第51回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
1990.11. 4 雨 重 18頭→17頭(出走取消)


01着 2枠 02番 メジロマックイーン 牡3 57 内田浩一 池江 泰郎  4人

02着 1枠 01番 ホワイトストーン  牡3 57 柴田政人 高松 邦男  2人

03着 8枠 18番 メジロライアン   牡3 57 横山典弘 奥平 真治  1人

05着 3枠 05番 ツルマルミマタオー 牡3 57 田島信行 橋口弘次郎  5人

09着 2枠 03番 アズマイースト   牡3 57 菅原泰夫 仲住 芳雄  3人





第52回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
1991.11. 3 晴 良 18頭


01着 8枠 18番 レオダーバン    牡3 57 岡部幸雄 奥平 真治  3人

02着 4枠 08番 イブキマイカグラ  牡3 57 南井克巳 中尾 正   1人

03着 5枠 10番 フジヤマケンザン  牡3 57 小島貞博 戸山 為夫  8人

04着 3枠 05番 ナイスネイチャ   牡3 57 松永昌博 松永 善晴  2人

05着 5枠 09番 シャコーグレイド  牡3 57 柴田善臣 矢野 照正  5人

07着 3枠 07番 キョウワユウショウ 牡3 57 猿橋重利 武  邦彦  4人





第58回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
1997.11. 2 晴 良  18頭

01着 2枠 04番 マチカネフクキタル 牡3 57 南井克巳 二分 久男  3人

02着 4枠 07番 ダイワオーシュウ  牡3 57 柴田善臣 二ノ宮敬宇  7人

03着 7枠 14番 メジロブライト   牡3 57 松永幹夫 浅見 秀一  2人

05着 8枠 16番 シルクジャスティス 牡3 57 藤田伸二 大久保正陽  1人

12着 8枠 17番 シルクライトニング 牡3 57 武 豊  大和田 稔  4人





第65回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2004.10.24 晴 良  18頭

01着 8枠 18番 デルタブルース   牡3 57 岩田 康誠 角居 勝彦  8人

02着 3枠 05番 ホオキパウェーブ  牡3 57 横山 典弘 二ノ宮敬宇  4人

03着 1枠 01番 オペラシチー    牡3 57 佐藤 哲三 佐々木晶三  6人

04着 7枠 15番 コスモバルク    牡3 57 五十嵐冬樹 田部 和則  2人

06着 2枠 04番 スズカマンボ    牡3 57 安藤 勝己 橋田 満   5人

07着 5枠 10番 ハーツクライ    牡3 57 武  豊  橋口弘次郎  1人

11着 7枠 14番 ハイアーゲーム   牡3 57 蛯名 正義 大久保洋吉  3人





第69回 菊花賞 (JpnI)■
京都競馬場 芝3000メートル
2008.10.26 曇 良  18頭

01着 7枠 14番 オウケンブルースリ 牡3 57 内田博幸 音無 秀孝  1人

02着 1枠 01番 フローテーション  牡3 57 藤岡佑介 橋口弘次郎 15人

03着 3枠 05番 ナムラクレセント  牡3 57 和田竜二 福島 信晴  9人

04着 4枠 08番 スマートギア    牡3 57 武 豊  佐山 優   5人

05着 5枠 09番 マイネルチャールズ 牡3 57 松岡正海 稲葉 隆一  2人

08着 8枠 18番 ダイワワイルドボア 牡3 57 北村宏司 上原 博之  4人





第71回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2010.10.24 小雨 良  18頭

01着 3枠 06番 ビッグウィーク   牡3 57 川田将雅 長浜 博之  7人

02着 5枠 10番 ローズキングダム  牡3 57 武 豊  橋口弘次郎  1人

03着 6枠 12番 ビートブラック   牡3 57 幸 英明 中村 均  13人

04着 1枠 02番 レーヴドリアン   牡3 57 福永祐一 松田 博資  5人

06着 7枠 15番 トウカイメロディ  牡3 57 吉田隼人 後藤 由之  2人

07着 1枠 01番 ヒルノダムール   牡3 57 藤田伸二 昆  貢   3人

09着 2枠 03番 クォークスター   牡3 57 藤岡佑介 堀  宣行  4人





第74回 菊花賞 (GⅠ)■
京都競馬場 芝3000メートル
2013.10.20 曇 不良  18頭

01着 2枠 03番 エピファネイア   牡3 57 福永祐一 角居 勝彦  1人

02着 7枠 14番 サトノノブレス   牡3 57 岩田康誠 池江 泰寿  5人

03着 5枠 10番 バンデ       牡3 57 松田大作 矢作 芳人  3人

13着 8枠 18番 マジェスティハーツ 牡3 57 武 豊  松永 昌博  2人

15着 7枠 15番 ユールシンギング  牡3 57 北村宏司 勢司 和浩  4人








考 察)


皐月賞馬・菊花賞馬が揃って未出走なのは、

1984年以降では、上記の7回。



菊花賞1着馬になったパターンは、大きく分けて2つ。


(1)ダービー2着馬で、菊花賞トライアル1番人気馬。

(2)1000万下(現2勝馬クラス)を1番人気で1着している馬。





今年はダービー2着馬のダノンキングリーが未出走。

ならば、パターン(2)の馬が有力。


今回の登録でこの条件に合致するのは下記の5頭。


・アドマイヤスコール

・カウディーリョ

・カリボール

・ヒシゲッコウ

・ホウオウサーベル



今回のデーターからは、この5頭が1着候補。



絞れば1頭まで行けるが、

何があるから分からんのが最近の競馬。

ここはあえて、このままで行きます。




あと、1番人気確実のヴェロックス。


上記7年からは、買う材料全く見つからない。




参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

今週から・・・

初めにこの度の台風19号の犠牲になられた方のお悔やみと、

被災された方々のお見舞い申し上げます。


いつもこのような災害があると思うのですが、

住む家がある、

食べるものがある、

飲む水がある、

テレビが見れる、

パソコンを使える、

寝る布団がある。



何時もなら当たり前な事が、どれだけ幸せな事か。



こんな当たり前な日々が、一日でも早く戻りますよう、

心から願っております。






あとこんな時ですが、ボチボチとブログを再開したいと思います。








参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします



大金星 ディアドラが英G1勝利

英国の牝馬GIナッソーS(芝・右1980メートル)が1日、グッドウッド競馬場で行われ、オイシン・マーフィー騎手とのコンビで挑戦した日本のディアドラ(栗東・橋田満厩舎、5歳)が強敵を破って優勝。2000年ジュライCのアグネスワールド以来、日本調教馬として2度目の英GI制覇を果たした。タイム2分2秒93(良)。優勝賞金は34万260ポンド(約4473万円)。日本調教の牝馬による欧州GI制覇は、1998年の仏GIモーリスドゲスト賞を制したシーキングザパール以来、2度目となった。

 好スタートを決めたディアドラは、後方のインを追走。直線では一瞬、前が狭くなるシーンもあったが、体勢を立て直してインを突くと鋭く伸び、粘るメダーイーを1馬身1/4差し切った。英愛仏のクラシック勝ち馬を軒並み破る会心の勝利に、マーフィー騎手は出迎えるファンの前で何度もガッツポーズを披露。喜びを爆発させた。

 ディアドラは父ハービンジャー、母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)という血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、馬主は森田藤治氏。通算成績は25戦8勝(うち海外6戦1勝)。GIは2017年秋華賞に次いで2勝目となった。


動画は、下記の所から見れます。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm35480566




参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

【訃報】 ディープインパクト安楽死

日本競馬競馬会の至宝、

ディープインパクト号が本日亡くなりました。

悲しい限りです。




弊社にて繋養しておりましたディープインパクト号ですが、

かねてより治療しておりました頸部の手術を7月28日に受けました。

手術は無事に終了して術後の経過も安定しておりましたが、

翌29日の午前中に突然起立不能になったため懸命の治療を試みました。

30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、

回復の見込みが立たないことから安楽死の処置が取られました。

突然の出来事で誠に痛恨の極みではございますが、謹んでお知らせいたします。

2019.07.30

https://shadai-ss.com/news/info/news-1981/



参考になったらクリックをお願いします

にほんブログ村 競馬ブログへ
参考になったらクリックをお願いします

152頭が発走除外

JRA(日本中央競馬会)は14日、15日と16日(ともに函館、東京、阪神)に出走予定だった152頭を出走取り消しとすることを決めた。摂取したとみられる飼料から禁止薬物「テオブロミン」が検出されたもので、レースは予定通りに開催する方針。競走馬の能力に著しく影響する規制薬物の取り締まりの強化を続けてきたJRAにとっては、公正確保のための苦渋の決断だが、152頭もの出走取り消しの衝撃は計り知れない。

 前代未聞の衝撃が競馬界を襲った。競走馬に与えるカイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物「テオブロミン(カカオやチョコレートに入っているカフェイン)」が検出されたことが競走馬理化学研究所の調査で判明、15日の開催では約70頭、16日は約80頭、合計152頭が出走取り消しに追い込まれることが明らかになった。15日午前6時半、JRAは公式ホームページで出走取り消し馬の発表を行う。

 152頭は当該サプリメントを購入した厩舎(美浦6、栗東21厩舎)の管理馬。禁止薬物の影響下にある可能性が否定できないため、競走除外の措置を取ることとなった。当該厩舎の次週出走予定馬については15、16日の間に血液検査を行う。

 関係者によれば、問題のサプリメントは海外から輸入したもの。このような馬の口に直接入るものだけでなく、医薬品なども含めて、初めて使用する際には競走馬理化学研究所の検査を受けるのが通例。このサプリメントは検査結果判明前に販売していた。

 競走馬がサプリメントを摂取するのは非常に一般的で、疲労回復などに役立つ。カイバに混ぜて馬に与える形がほとんどだ。美浦、栗東トレーニングセンター内には、競走馬向けの薬局もあり、サプリメントも販売している。厩舎サイドでは、まさか検査結果前のサプリメントが売られているとは夢にも思わなかったはず…。事件性はなく、競馬界にとっては寝耳に水のアクシデントだった。

 今週から函館競馬も開幕。3場合計で土日で72競走、合計983頭が出走する予定だった。152頭の取り消しによって、1競走あたり約2頭が出走取り消しとなる計算だ。今回の事態はいわばアクシデントで、JRAとしては公正競馬を保つため、やむを得ない苦渋の決断だったといえる。23日には上半期の大一番、宝塚記念を控え、今秋もフィエールマン(牡4=手塚)などが凱旋門賞へと出走することが決まっている。問題の早急な沈静化を関係者全員が望んでいる。



ユニコーンステークス除外馬

(05)サトノギャロス

(09)ロードグラディオ










函館スプリントステークス除外馬


(03)シュウジ

(04)ライトオンキュー

(05)リナーテ

(06)ダノンスマッシュ

(08)トウショウピスト


(12)タマモブリリアン
スポンサーリンク